閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

米国版失われた10年

2011年1月18日号の週刊エコノミストに福井県立大学の服部茂幸教授が「米国の失われた10年が始まった」という記事を書いていました。

FRBのバーナンキ議長が、現在の異常な失業率が正常化するには4~5年かかるとTVインタビューに答えたことから、サブプライム問題が表面化した07年から起算すると正常化まで約10年がかかることを指して「米国版失われた10年」と説明されています。

もっとも、服部教授は4~5年で正常化も楽観的過ぎるかもしれないとし、コア消費支出デフレータ(PCE)の伸び率が低下している状況から米国も日本と同様にデフレに突入しつつあると解説しています。
先進国では日本のみがデフレに陥っているとよく言われていますが、米国もデフレ基調に陥りつつあるというのは目新しい意見だと思いました。

また、FRBのバーナンキ議長はデフレを克服するため積極的に金融政策を活用したが、金融政策が機能しておらず、その理由として以下の三点を挙げています。

①金利の経路
住宅バブルが崩壊した状況においては、住宅を購入することがそれほど有利ではなくなっている。金利が低下すれば住宅需要を回復させることができるかもしれないが、政策金利はすでに0であり、バーナンキ議長が引き下げが可能と主張する長期金利についてもやはり下限はある。その下限まで長期金利が低下したとしても、十分かどうかはわからない。

②信用制約の問題
住宅バブル期には、住宅価格の上昇を見込んで所得が低く返済能力が低い人々にも金融機関が融資を行ったが、住宅バブルが崩壊した現状ではそのような危険な借手に住宅ローンを貸す金融機関はない。

③資産価格の上昇を通じる経路
住宅バブルが崩壊した現在では、家計は住宅ローンを借りて住宅を購入しようとは考えないし、貸手の金融機関も危険なローンは貸し出さない。ファンドなどもサブプライム関連証券を購入しない。こうした状況下では住宅価格は上昇しない。

また、市場にいくら資金を供給しても新興国に流れて行ってしまうため効果はあまりないと説明されています。

金融政策があまり効果がないのは日本も同様です。結局のところは、人々の心理の問題なのだと思います。将来が不安だからとりあえず貯蓄しておき消費を控えるという個々には最適と思われる多数派の行動が、マクロでは景気の低迷につながっているということなのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 国民負担が少ない東電処理とは(その1)‐経産省 古賀茂明氏

  2. 臆病な日本メディア-Financial Timesより

  3. 大前研一氏による原発問題解説

  4. 海外に預金口座を開設するには?

  5. グリーが定款を変更し不動産業へ進出?

  6. レベル7と東電株価

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,802,519 アクセス
ページ上部へ戻る