閉じる
閉じる
閉じる
  1. 退職代行業者から従業員が退職したいという旨の連絡が来た場合の対応とは?…
  2. 2年契約なら2年分の申告書作成報酬が8%?-消費税経過措置
  3. 会計監査人の交代-クライアントの変動が多かった監査法人は?
  4. 個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい
  5. 所得拡大促進税制-決算賞与で要件充足は要注意
  6. 監査人の交代が3年連続で増加
  7. 休憩時間を勝手にずらして取得する社員を懲戒できるか?
  8. 新たな連結納税制度は「個別申告方式}?
  9. 「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例
  10. 保険外交員も東京都では「代理業」として個人事業税の対象で運用
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

妻が個人事業主の場合、夫の健康保険の被扶養者になれる範囲

今回は、妻(夫)が個人事業主として収入を得ている場合、夫(妻)の健康保険の被扶養者になれる範囲についてです。

被保険者と同一世帯に属している場合の被扶養者になることができる収入面の要件は以下の通りです。

「認定対象者の年間収入が130万円未満(認定対象者が60歳以上またはおおむね障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円未満)であって、かつ、被保険者の年間収入の2分の1未満である場合は被扶養者となります。」(社会保険庁HPより)

さて、ここで「年間収入」の部分が問題となります。すなわち、個人事業主の場合の年間収入は売上高なのか、利益の額なのかです。

基本的に所得税法上の扶養に入れる範囲であれば、健康保険でも被扶養者として扱われるのが通常です。このことから考えると利益の金額で判断して問題ないと考えられます。(青色申告控除等があるため一般的に利益>所得のため)。

ただし、利益が130万円を超えてしまっていても、一時的なものであればよいとしてくれる等、実際の取り扱いは健康保険組合等によって異なるので、御自分の加入されている健康保険組合あるいは協会けんぽに問い合わせてみるのが一番確実です。

日々成長。

関連記事

  1. 解雇を巡る争いで支払われた和解金の税務上の取り扱い

  2. 小規模企業共済制度の改正

  3. 社外取締役の年間報酬平均額に大きな変動無し(労政時報2016年調…

  4. 実務家が押さえておきたい労働関係裁判例(平成23年)-ビジネスガ…

  5. 最低賃金東京では888円(約2%アップ)に!-2014年度初任給…

  6. タイムカードによる労働時間把握

コメント

    • 匿名
    • 2011年 4月 15日

    わかりやすいです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,600,580 アクセス
ページ上部へ戻る