閉じる
閉じる
閉じる
  1. 仕入先が価格増拒否しても「買い叩き」?
  2. EY新日本有限責任監査法人は最近、会計監査人の交代に際し意見を述べるこ…
  3. 退職代行業者から従業員が退職したいという旨の連絡が来た場合の対応とは?…
  4. 2年契約なら2年分の申告書作成報酬が8%?-消費税経過措置
  5. 会計監査人の交代-クライアントの変動が多かった監査法人は?
  6. 個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい
  7. 所得拡大促進税制-決算賞与で要件充足は要注意
  8. 監査人の交代が3年連続で増加
  9. 休憩時間を勝手にずらして取得する社員を懲戒できるか?
  10. 新たな連結納税制度は「個別申告方式}?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPressの自動更新

私はWADAXのレンタルサーバー+Wordpressという組み合わせでこのBlogを作成していますが、最近プラグイン等の更新情報が表示されるようになりました。

普通のことなんでしょうが、今年から使用を開始したため初めての経験です。そこで、さっそくプラグインの更新を行おうと思いましたが、更新を行おうとすると、「ホスト名」、「ユーザー名」、「パスワード」の入力を求められます。

そこで、自分のサーバー名称、FTPのユーザー名、パスワードを入力したのですが更新ができません。

どうしたものかと色々調べていたら、答えはWADAXのFAQにありました。最初からここを確認するべきでした。
ホスト名は、自分の使用しているサーバー名はなく、IPアドレスを入力する必要があるとのこと。IPアドレスはNSLOOKUPで調べるかサポートに問い合わせてくださいとのこと。
WADAXのサポートには何度かお世話になっていますが、対応は親切で対応も早いという印象ですが、すぐに処理を行いたかったのでNSLOOKUPでIPアドレスを調べる方法を調べてみました。手順は以下の通りでした。

1.「スタート」→「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

2.「cmd」と入力して「OK」をクリックします。あるいは、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」でコマンドプロンプトを起動します。

3.”nslookup”+” “(半角スペース)+” 調べたいURL”をと入力して「Entre」キーを押します。
nslookup の前にスペースは不要です。nslookup とURL の間には半角スペースを入れます。

これを実行すると、

Non-authoritative answer:
Name: ? 自分のURL(例えば XXXX.co.jp等)
Address: ここに表示されるのが今回調べたかったアドレス

更新を行ったときに要求される「ホスト名」に上記のアドレスを入力したところ、無事更新作業が完了しました。



日々成長

関連記事

  1. WordPress3.0にGoogle Adsenseを導入する…

  2. カテーゴリーページの不具合修正

  3. WordPressのリダイレクト方法

  4. Tagページのカスタマイズ

  5. WordPress3.3.1へのバージョンアップ準備(その2)

  6. テーマ(ブログの外観)の入れ替えを目論んでいますが・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,623,201 アクセス
ページ上部へ戻る