menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有報の所有者別状況に記載する株主数は?
  2. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その1)
  3. CG報告書で資本コストの率を明記している事例
  4. アンテナ設置収入は収益事業に該当-東京高裁判決
  5. 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の支払調書が送付されてこないと…
  6. 金商法監査-売上高区分1兆円以上の最低監査報酬は12,180千円?
  7. サイトをhttps化しました
  8. Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print to …
  9. 2018年のIPOは98社(TOKYO PROマーケット含む)
  10. 公認会計士等の異動に係る適時開示ガイドブックが改正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

監査法人トーマツも早期退職の募集を開始

監査法人トーマツが公認会計士などを対象に希望退職440人募集という記事が一昨日(7月12日)の日経新聞のWEBに掲載されていました。

同記事によると、「金融危機後の景気悪化や新規上場企業の減少が響いて監査報酬収入が低迷、2010年9月期は経常赤字に転落していた。収益改善に向けコストを圧縮する。」そうです。

さらに、「早期希望退職を募集するのは幹部(パートナー、ディレクター)から40人と、入社3年目以上の職員(会計士、コンサルタントなど)から400人。対象範囲となる職員全体のおよそ8%に相当する。応募者には割増退職金を支払うほか、再就職支援もする。退職日は9月末となる。」と記載されています。

大手監査法人は似通った人員構成になっていることが想定されるので、新日本監査法人で早期退職が募集されたことから監査法人トーマツで早期退職が募集されたとしてもそれほど驚くことではないと思います。

数年のタイムラグはあるかもしれませんが、あずさ監査法人でもそのうち早期退職の募集がかかるのではないかという気がします。

先日IFRSの適用時期が当初いわれていた2015年から延期されることがほぼ確実になりましたが、これと今回の早期退職の募集の開始は何らかの影響があったのか、なかったのか・・・
いずれにしても、いまの経済状況では募集数の希望退職者を集めるのはなかなか難しそうです。?あまり無茶なことをして裁判沙汰にならないことを祈ります。

なお、トーマツでは今年の合格者については200人程度を採用する予定とのことですが、合格者の就職事情は一層厳しくなりそうです。

日々成長。

関連記事

  1. 2012年上期のMBOは3社

  2. 中小企業金融円滑化法利用後の倒産件数は減少も高水準-帝国データ調…

  3. 「第二会社方式」とは?(その2)

  4. 「予想通りに不合理」とはよく言ったものだ。

  5. 2013年9月の金融円滑化法利用後倒産が過去最高を記録-帝国デー…

  6. さっさと不況を終わらせるには?-「さっさと不況を終わらせろ」(ポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ブログ統計情報

  • 7,366,776 アクセス
ページ上部へ戻る