閉じる
閉じる
閉じる
  1. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  2. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  3. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  4. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  5. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  6. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  7. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  8. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
  9. マンション仕入控除でアズ企画設計に更正処分
  10. 賃金原資が減少しない場合の就業規則変更の合理性判断
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

エクスペディア(Expedia)の海外航空券は安いのか?

海外ホテルの予約サイトのエクスペディア(Expedia)で航空券も販売されているのには気づいていましたが、たまたま時間があったので安いのかどうか試しに調べてみました。

個人的にあまり先の航空券を予約することはないので、1か月後(ハワイ・ホノルル)、3か月後(ニュージーランド・クライストチャーチ)、6か月後(カナダ・バンクバー)で調べてみました。

確認した対象は、①エクスペディア、②Free Bird、③スカイゲート、④TORNOSで、確認時に空席がある最安値の航空券の金額です。

(1)1か月後(ホノルル) 往路:11月26日(土)、復路:12月3日(土)

①エクスペディア CHINA AIRLINES 80,000円
②Free Bird CHINA AIRLINES 87,100円
③スカイゲート DELTA 105,250円
④TORNOS CHINA AIRLINES 80,000円

(2)3か月後(クライストチャーチ) 往路:1月28日(土)、復路:2月4日(土)

①エクスペディア JAL+ニュージーランド航空 170,810円
②Free Bird ニュージーランド航空 189,930円
③スカイゲート JAL 176,060円
④TORNOS JAL+ニュージーランド航空 170,810円

(3)6か月後(バンクーバー) 往路:3月24日(土)、復路:3月31日(土)

①エクスペディア JAL 118,740円
②Free Bird JAL 124,950円
③スカイゲート DELTA 125,130円
④TORNOS JAL航空 117,850円

他にも、格安航空券のサイトはあると思いますが、空席のある航空券が探しにくかったりして使い勝手がよくなかったりします。
以上の結果からすると、上記の4サイトでは、エクスペディアが最安値という結果になりましたが、TORNOSもJTBがやっている割にほぼ差はありません。他の路線で調べれば逆転することもあると考えられます。

海外ホテルの予約サイトというイメージでしたが、航空券の予約にも利用する余地がありそうです。

Expediaはこちら

日々成長。

関連記事

  1. 住宅ローンを借り換えてみました-下手な運用よりも効果は大きい?

  2. 太陽電池の変換効率大幅アップ

  3. 「国税記者 実録マルサの世界」-田中周紀著

  4. FORTUNE GLOBAL500に日本企業は68社。米国、中国…

  5. 手形の紛失・盗難が生じた時の手続について

  6. 2012年11月の金融円滑化法利用後倒産件数はやや減少―帝国デー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,974,654 アクセス
ページ上部へ戻る