閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃金原資が減少しない場合の就業規則変更の合理性判断
  2. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税
  3. 子会社と認識していると言われたから親会社?
  4. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  5. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  6. 改正民法(その3)・・・危険負担
  7. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  8. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  9. 節税保険対応の通達改正案が公表
  10. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

四半期報告書におけるCF計算書の任意開示動向-第2四半期は開示が必要ですが・・・

3月決算の会社の第2四半期の決算発表が今日くらいから本格化します。3月決算の会社では今期から四半期報告書の記載内容が簡素化されていますが、その大きな項目の一つに第1・第3四半期におけるキャッシュ・フロー計算書の作成の簡略化があります。

そこで、3月決算の会社で、第1四半期報告書においてキャッシュ・フロー計算書を省略した会社がどれくらいあったかですが、この点について、新日本有限責任監査法人が調査結果を公表しています。

その調査結果によれば、平成23年4月1日時点の日経指標300に含まれる会社(このうち調査対象会社は229社)のうち第1四半期でキャッシュ・フロー計算書を開示している会社の割合は25.3%で、平成23年6月30日時点の東証1部の上場会社(このうち調査対象は1235社)に調査対象を拡大するとキャッシュ・フロー計算書を開示している会社の割合は19.5%となっています。

キャッシュ・フロー計算書の作成は、手間がかかるものの従来開示していたので、四半期報告書が簡素化されても多くの会社は開示するのではないかと思っていたので、この調査結果は少々意外でしたが、キャッシュ・フロー計算書の作成は情報収集等にそれだけ手間がかかるということなのだと思います。

第2四半期については、キャッシュ・フロー計算書を省略することは認められないので、いずれにしてもキャッシュ・フロー計算書を作成する必要があります。一方で、この調査結果を見て第3四半期でキャッシュ・フロー計算書を作成するのをやめたいと考える会社もあると思いますが、第1四半期でキャッシュ・フロー計算書を開示した会社は第3四半期も原則として開示が必要となります。

したがって、第1四半期で開示した会社は、第3四半期でも開示が必要となりますが、来期以降は、他社の動向をみて第1・第3四半期でキャッシュ・フロー計算書を開示する会社がもう少し減少するのではないかと思います。
ちなみに、年度間の継続性は問題とならないのかですが、継続性の観点からは開示を継続することが望ましいものの、特に規定は設けられていないので、来年度から開示を省略することは可能と考えられます。

四半期連結財規5-2でも「前項の規定にかかわらず、第三・四半期連結会計期間において大規模な企業結合が行われたことその他の事情により、第三・四半期連結キャッシュ・フロー計算書を作成することが実務上困難なときは、当該第三・四半期連結キャッシュ・フロー計算書の作成を要しない。」と、継続性よりも開示の迅速性を優先していると考えられますので、キャッシュ・フロー計算書作成の実務上の負荷を勘案して対応することになるのではないかと考えられます。

なお、新日本有限責任監査法人の調査結果のURLは以下のとおりです。

http://www.shinnihon.or.jp/corporate-accounting/case-study/2011/2011-09-22.html

日々成長。

 

関連記事

  1. 会社の清算手続(その2)-総論

  2. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点

  3. 受取配当金の会計処理-原則法は・・・

  4. 株式保有の状況(コーポレートガバナンスの状況)の開示

  5. 連結納税の税効果(その1)

  6. 平成23年4月1日以降に適用される四半期連結財規等の改正内容の確…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,844,742 アクセス
ページ上部へ戻る