閉じる
閉じる
閉じる
  1. 退職代行業者から従業員が退職したいという旨の連絡が来た場合の対応とは?…
  2. 2年契約なら2年分の申告書作成報酬が8%?-消費税経過措置
  3. 会計監査人の交代-クライアントの変動が多かった監査法人は?
  4. 個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい
  5. 所得拡大促進税制-決算賞与で要件充足は要注意
  6. 監査人の交代が3年連続で増加
  7. 休憩時間を勝手にずらして取得する社員を懲戒できるか?
  8. 新たな連結納税制度は「個別申告方式}?
  9. 「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例
  10. 保険外交員も東京都では「代理業」として個人事業税の対象で運用
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Facebookの時価総額は$100 billion?

2011年12月12号のNewsweekに”The $100 BILLION BET”というタイトルでFacebookについての記事が掲載されていました。

伝えられるところによると来年にIPOが予定されているということで、その際の時価総額が$100billionになり、主要な関係者にとってそれが何を意味するのかという感じの内容です。
そもそも$100billionっていくらだよ!って金額ですが、1000億ドルなので、1ドル=80円として計算すると8兆円ということになります。

トヨタの時価総額が8.6兆円位なので、事業内容は全く異なりますが時価総額という観点でいえばトヨタ位の規模と言えます。

さて、創業者のMark Zuckerberg氏ですが、IPOが実現すると 2400億ドルを得ることになり、世界で14番目のお金持ちになるということです。若干27歳ですから、すごいですよね。

その他、マイクロソフトも1.6%を保有する株主で、2007年に出資した時点では、企業価値を150億ドルと見込んだため、むちゃな投資をしたと考えられていたものの、結果的には過去10年でもっとも賢明なことだったと書かれていました。

気になったのは、ロシア人のベンチャーキャピタリストであるYuli Milher氏です。記事によるとMilher氏(正確には同氏が経営するDigital Sky Technoligies)はFacebookの10%の株式を保有している のみならず、Zynga、Groupon、Spotifyなどにも投資しているということで、すごいなと感嘆してしまいます。
最近バフェット氏が日本に来てニュースになっていましたが、上記のような有望なスタートアップへの投資家として出てくるのがロシア人の?Milher氏というのは面白いですね。

株式市場は決していい状況にあるとはいえない状況で、Facebookにいくらの値がつくのかはいずれにしても注目です。

日々成長。

関連記事

  1. 日本を見捨てる富裕層-週刊ダイヤモンドより

  2. 中小企業金融円滑法の適用期限が再延長されました-「最後の」延長だ…

  3. 日銀円売り介入実施

  4. 企業財務会計士とは?

  5. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あ…

  6. 中国経済のバブルは継続するか?(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,600,671 アクセス
ページ上部へ戻る