閉じる
閉じる
閉じる
  1. 退職代行業者から従業員が退職したいという旨の連絡が来た場合の対応とは?…
  2. 2年契約なら2年分の申告書作成報酬が8%?-消費税経過措置
  3. 会計監査人の交代-クライアントの変動が多かった監査法人は?
  4. 個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい
  5. 所得拡大促進税制-決算賞与で要件充足は要注意
  6. 監査人の交代が3年連続で増加
  7. 休憩時間を勝手にずらして取得する社員を懲戒できるか?
  8. 新たな連結納税制度は「個別申告方式}?
  9. 「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例
  10. 保険外交員も東京都では「代理業」として個人事業税の対象で運用
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

雇用保険料率が若干下がります-平成24年4月1日より

平成24年4月1日以降適用される雇用保険料率は以下のように発表されています。
一般事業で0.2%引き下げられ、1.35%(現行1.55%)となっています。
(出典:厚生労働省資料)

各種報道をみていると、就職困難者の話がよく出てきて失業者が増えているイメージがありますが、完全失業率を2010年と2011年で比較すると確かに低下傾向にあります。(ただし、2011年の3月から8月は東日本大震災の影響で数値が公表されていません。)

2010年12月の完全失業率は4.9%(季節調整値)でしたが、2011年12月は4.6%(季節調整値)となっています。

イメージとのギャップはありますが、雇用保険料を納める方としては料率が下がるのはありがたいです。

日々成長。

関連記事

  1. 雇用保険法等の改正(平成28年)-その3

  2. 経団連が深夜業の割増賃金の緩和を求める??

  3. 届出が必要な労使協定は?-労使協定の種類と届出の要否まとめ

  4. 最高のスタッフを育てるディズニーの従業員教育

  5. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案

  6. 労働関係助成金の生産性要件が改正されました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,600,707 アクセス
ページ上部へ戻る