閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

働きやすい会社ランキング2012(日経新聞社)-追記1(上位100社等)

先日”働きやすい会社ランキング2012-日経新聞社”というエントリ”で、日経新聞社から発表された2012年の働きやすい会社ランキング上位20社等について書きましたが、上位100社は以下のようになっています。


(出典:日経産業新聞 2012年10月1日 1面)

ざっと前年の順位と見比べてみると上位100社にランキングされている会社の顔ぶれはあまり変わっていないようですが、試しに前年順位で上位100社を並べ替えてみると以下のようになりました。

前年順位で抜けている順位の会社を昨年のランキングで確認し、今期の順位を確認したところ以下のようになっていました。

今期100位~200位にランキングされている会社がほとんどですが、「マツダ」と「ホンダ」が今年はランク外となっています。自動車メーカーが二社ランク外になっているのは興味深いところです。また、関西電力がランク外へ落ちていますが、これはなんとなく理解できます(そもそもアンケートに回答している余裕がなかったということかもしれません)。

次に評価項目別ランキングですが、以下のようになっていました(2012年10月1日日経産業新聞23面)。

第1位の凸版印刷は2011年度から、若手社員に海外経験を積ませるための現地法人や代理店に1年派遣する制度を開始したそうです。また、中堅以上の社員が対象の「チャレンジングジョブ」制度では、社員が自信の業務経験や保有資格、異動希望などを基に、中長期的なキャリア形成とスキルアップに取り組めるようにするそうです。一般的に内向きと言われる若手社員も1年限定であれば海外に行ってみたいという人が多いということかもしれません。

多様な人材の活用では昨年に引き続きソニーが首位となっています。ソニーでは、中国やインドの大学に採用担当者を派遣して会社説明会を開催するなど、海外子会社だけでなく本社での外国人採用にも力を入れているそうです。ソニーでは12年度の新卒採用270人のうち2割を外国人が占めているとのことです。

職場の環境整備ランキングで首位となったイオンでは、「セクシャル・ハラスメントなどの相談・苦情窓口として「行動規範110番」を設置。従業員へのモラルサーベイ(コンプライアンス意識調査など)も12年度からグループ全体で展開している。」とのことです。この相談・苦情窓口にどれだけ相談が持ちかけられるのかが興味があるところです。仮に件数が多いとすると、利用しやすい制度と評価していいのか、そもそもそんなに相談件数があることが問題なのかは微妙なところではないかと思います。

多様な働き方首位の資生堂については、以前のエントリで取り上げたので割愛します。

アンケート結果については次回にします。

日々成長

関連記事

  1. マイナンバー法って何だ?(その1)

  2. 2014年賃上げ見込み-定昇込みで2.1%もそれじゃ手取りはマイ…

  3. 「定額残業代」の支給は「手当方式」と「組み込み方式」のいずれを採…

  4. 有給休暇の消化を当年度付与分から優先するのは問題ない?

  5. 流産であっても場合によっては出産育児一時金は受給可能

  6. 歴史に残るブラック企業名公表第1号は「エイジス」という会社でした…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,802,506 アクセス
ページ上部へ戻る