閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ANAのマイレージeクーポンがSKYコインと呼ばれるようになってどうなった?

ANAからのEメールか何かで2012年10月1日からeクーポンがSKYコインという名称に変更されたということは理解していましたが、具体的な変更点を確認していなかったので確認してみたところ影響が大きいことがわかりました。ただし、これはSKYコインへの変更によってというよりも、2012年4月1日以降のマイル制度の改正の影響によるといえそうです。

まず、全く気付いていませんでしたが2012年4月1日よりeクーポンへの変更率が悪くなるような改定が行われていました。

・従来・・・12000マイル→18000eクーポン
・2012年4月1日以降・・・12000マイル→15000eクーポン

1eクーポン=1円なので、1マイル当たり1.5円から1.25円へ交換率の改悪となっています。

そして、この交換率はSKYコインと名称が変わっても引き継がれ、12000マイル→15000コインという交換率になっています。ただし一方で、ANAカード会員(クレジット機能付き)またはANAマイレージクラブモバイルプラス会員については、3000マイル→3000コインという交換レートで交換することができるようになっています。

個人的な感想としては、3000マイル→3000コインなんて設定はいらないので、12000マイル→18000コインに戻してほしいと思います。ANAマイルをクレジットカード等でも貯めている場合、マイルの有効期間3年を考えると、3000マイル→3000コインという交換を利用することは少ないように思います。むしろ、搭乗以外ではマイルをためていない3年に1回位海外旅行に行くような利用者が、その時の登場で溜まったマイルを無駄にしないようにするには便利な交換率だと考えられます。

そもそもマイレージプログラムは、利用頻度が高い顧客を囲い込むためのもののはずなので、だとすれば3000マイル→3000コインなんていう交換レートは不要ではないでしょうか。あるいは、3000マイル→2000コイン、12000マイル→18000コインというような交換マイルにしてもらいたいと思います。

上記の交換率が痛い改悪ですが、一方で以下は便利な方向への改正です。

①ANAカードファミリーマイルで合算したマイルをSKYコインへ変換可能

これも、2012年4月1日以降eクーポンへの変換で可能となっていたものを引き継いだ内容となっています。家族旅行で子供に溜まったマイルを有効に利用できる可能性があるという点で、これはありがたい改正です。

②利用対象商品の拡大

これも、2012年4月1日以降に改正されていたものですが、航空券以外で利用することを考えていない私の場合、あまり意味がない改正でした。

そもそも、マイルでの航空券がもう少し取り易ければSKYコインへの変換なんて考えなくてもよいのに・・・

日々成長

関連記事

  1. 太陽電池の変換効率大幅アップ

  2. ライツ・オファリングリングとは?

  3. 結果的に対極的な日本株とNY株

  4. 『獄中のホリエモン「オリンパス」に憤る』(FACTA3月号)

  5. 所定内給与は12カ月連続で下落(毎月勤労統計調査(厚生労働省))…

  6. 「大停滞」-タイラーコーエン著

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,802,506 アクセス
ページ上部へ戻る