閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃金原資が減少しない場合の就業規則変更の合理性判断
  2. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税
  3. 子会社と認識していると言われたから親会社?
  4. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  5. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  6. 改正民法(その3)・・・危険負担
  7. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  8. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  9. 節税保険対応の通達改正案が公表
  10. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

旭硝子がIFRSの任意適用を発表-2013年12月期通期決算より

2013年2月7日に旭硝子がIFRSの任意適用を発表しました。

これでIFRSの任意適用(発表)会社は以下の13社となりました。

1.日本電波工業(任意適用済・・・2010年3月期より)
2.HOYA(任意適用済・・・2011年3月期より)
3.住友商事(任意適用済・・・2011年3月期より)
4.日本板硝子(任意適用済・・・2012年3月期より)
5.日本たばこ産業(任意適用済・・・2012年3月期より)
6.DeNA(今期より任意適用開始・・・2013年3月期より)
7.SBIホールディングス(2013年3月期より)
8.アンリツ(2013年3月期より)
9.中外製薬(2013年12月期より)
10.楽天(2013年12月期より)
11.ソフトバンク(2014年3月期より)
12.丸紅(2014年3月期より)
13.旭硝子(2013年12月期通期決算より)

まだ13社ですが、9社目の中外製薬がIFRSの任意適用を発表したのが2012年12月14日と2カ月位前なので、それ以前と比較すると、急速に任意適用企業が増加してきているといえます。IFRSの強制適用が検討された時期からして、任意適用に十分な準備期間が経過してきたという感じかもしれません。

2013年中に30社くらいにはなるのでしょうか?

日々成長

関連記事

  1. IAS19(退職給付)の改定―遅延認識の廃止等

  2. IFRS任意適用目標と実績の差は?

  3. 三菱商事が2014年3月期からIFRSを任意適用

  4. 機能通貨の変更の処理-IAS21

  5. IFRSの任意適用要件が緩和の方向へ

  6. IFRS任意適用10社目は楽天-2013年12月期第1四半期より…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,844,763 アクセス
ページ上部へ戻る