閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃金原資が減少しない場合の就業規則変更の合理性判断
  2. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税
  3. 子会社と認識していると言われたから親会社?
  4. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  5. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  6. 改正民法(その3)・・・危険負担
  7. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  8. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  9. 節税保険対応の通達改正案が公表
  10. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税務当局がマークする電子商取引とは?

T&A master No.504に”当局がマークする電子商取引が判明”という記事が掲載されていました。

同記事によると、税務当局がマークしているものとして以下のものが挙げられていました。

  • ネットオークション
  • ネットショップ
  • コンテンツ配信
  • 海外オークション
  • ライブチャット
  • 出会い系サイト
  • インフォプレナー(情報企業家)いよる情報商材販売
  • クレジット決済代行
  • クレジットカードショッピング枠現金化事業

  • ネットショップが入っている時点で、特定の分野というよりも電子商取引全般という気もしますが、インターネット取引に係る実地調査の結果発見された申告漏れ所得金額は、実地調査全体平均の約1.3倍(1,134万円)だったとのことで、税務当局が力を入れるのも理解できます。

    同記事によると、税務当局の分析によると出会い系サイトの仕組み・現状は以下のように分析されているとのことです。

    1. 出会えないのが出会い系サイトの成功の秘訣
    2. クレサラ弁護士が消費者金融の次に出会い系サイトに狙いを定めている
    3. 多くの番組運営者が和解金を支払っている
    4. スマートフォン出会いアプリに顧客をとられている

    また、インフォプレナー(情報企業家)による情報商材取引については、賞味期限が短く、アフィリエイト報酬が高額などの特徴があると分析されているそうです。

    上記は、だからどうした?という感じがしますが、今後電子商取引の運営者等への調査が強化されていくという可能性は高そうです。

    日々成長

    関連記事

    1. 3月決算の貸倒引当金の経過措置は平成27年3月期で終了

    2. 資本剰余金を原資とする配当は税務上の取扱いにも注意

    3. 2015年4月(予定)からイギリスがタックスヘイブン対策税制対象…

    4. スマホを使用したスキャン保存が可能になるようです

    5. マンション屋上の携帯電話アンテナ設置料収入の取り扱い

    6. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その2)

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー



    ブログ統計情報

    • 7,844,742 アクセス
    ページ上部へ戻る