閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃金原資が減少しない場合の就業規則変更の合理性判断
  2. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税
  3. 子会社と認識していると言われたから親会社?
  4. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  5. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  6. 改正民法(その3)・・・危険負担
  7. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  8. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  9. 節税保険対応の通達改正案が公表
  10. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRSの任意適用要件が大幅に緩和されました

IFRSの任意適用要件の緩和については、以前”IFRSの任意適用要件が緩和の方向へ”というエントリで書きましたが、「連結財務諸表の用語,様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成25年内閣府令第70号)が2013年10年28日に公布され、正式に任意適用の要件が緩和されることになりました。

従来の任意適用要件とされていた
・上場していること
・国際的な財務活動又は事業活動を行っていること(外国に資本金の額が20億円以上の連結子会社を有していることなど
という要件が撤廃されたことによって、任意適用が可能となる会社が増加しました。

任意適用の要件から「上場していること」という要件が撤廃されたことによって、IPOをIFRSで行うということも可能となりましたが、日本基準を採用した場合とIFRSを採用した場合で、何年分の連結財務諸表を有価証券届出書に記載しなければならないのかが異なるとのことです。

日本基準を採用した場合は、2年分の連結財務諸表を作成すればよいのに対して、IFRSを任意適用した場合は比較情報を含む最近2連結会計年度に係る連結財務諸表(3期分の連結貸借対照表と連結損益計算書等)の作成が必要となるため、IFRSの場合は1年分多く連結財務諸表を作成する必要が生じます。しかも、この場合監査報告書についても当該比較情報を含む最近2連結会計年度分が必要になるということなので、実質的には3年分の監査意見が必要となり日本基準を採用した場合と比較すると負担は重くなると考えらえます。

実際にIPOをIFRSで行うような会社がどれくらいあるかは不明ですが、同じ市場に上場するのにもかかわらず監査意見が必要な年数が異なるというのは少し変な気はします。また、日本基準で上場した場合とIFRSを採用して上場した場合で、形成される株価に違いが生じるのかも興味があるところですが、それを研究できるほどIFRSでのIPOが一般化してくるのか今後の動向に注目です。

日々成長

関連記事

  1. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです

  2. 2016年上期のIPOは42社-経営財務調べ

  3. IFRS任意適用会社がようやく100社を突破

  4. 旭硝子がIFRSの任意適用を発表-2013年12月期通期決算より…

  5. 上場直後に一転営業赤字転落を公表したgumi-繰延税金資産の計上…

  6. 「M&A、費用計上の義務化検討 国際会計基準」-日経新聞より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,844,736 アクセス
ページ上部へ戻る