閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃金原資が減少しない場合の就業規則変更の合理性判断
  2. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税
  3. 子会社と認識していると言われたから親会社?
  4. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  5. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  6. 改正民法(その3)・・・危険負担
  7. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  8. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  9. 節税保険対応の通達改正案が公表
  10. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税務上の繰延資産の償却費の表示科目は?

法人税法上は会計上の繰延資産以外であっても、公共的施設等の権利金など支出の効果がその支出の日以後1年以上に及ぶものは繰延資産として処理しなければなりません。

会計上は、繰延資産として計上できる科目は限られていますので、税務上の繰延資産については、長期前払費用で計上されることが多いと思います。
しかしながら、公共的施設等の利用権などについては、(資産計上している会社も減ってきているように思いますが)電話加入権のようなものですので、長期前払費用ではなく無形固定資産として計上することも考えられます。

会計上、長期前払費用として表示するにしても、無形固定資産に適当な科目をつけて表示にしても、資産計上された金額は税法で定められた償却期間に基づいて月割償却を行うことになります。
なお、たとえ当初の契約期間が長期間(20年)であるような契約であったとしても「ホテルチェーンに加盟するに当たり支出する加盟一時金」(国税庁質疑応答事例)にあるように、それよりも短い期間で償却が認められる可能性があるという点には注意が必要です。

では、会計上「長期前払費用」として計上している税務上の繰延資産を償却する際に用いる科目は何か?ですが、これは「長期前払費用償却」としているケースと、「減価償却費」に含めて表示している両方のケースがあります。

「長期前払費用償却」を用いている事例を検索するのは容易ですが、逆に「減価償却費」で計上している事例があるのかを確認しようとすると、売上原価に計上されている減価償却費があったりするので明確に処理がわかるような事例を探すのは結構大変です。

「減価償却費」を用いている事例を探してみたところ、㈱キタック(2013年10月期)の事例がありました。
まず、同社の固定資産明細表を確認すると以下のようになっています。
2014-03-11_1

上記からすると、減価償却費の合計は84,303(有形)+2,715(無形)+60(長前)=87,078となります。

一方で、PLを確認すると、減価償却費は以下のとおり21,203となっています。
2014-03-11_2

加えて、売上原価明細表を確認すると、完成業務明細に計上されている減価償却費、不動産賃貸原価明細書に名状されている減価償却費はそれぞれ、13,442千円、52,432千円となっています。
2014-03-11_3
2014-03-11_4

上記を合計すると、21,203+13,442+52,432=87,077となり、誤差を除き有形固定資産明細表の減価償却費合計と一致していることが確認できます。

というわけで、実務上はどちらもありえるということの確認でした。

日々成長

関連記事

  1. 電子帳簿保存法改正に立ちはだかる会計監査の壁

  2. グループ法人税(その4)-繰延譲渡損益の実現

  3. 先日付小切手の振出人の会計処理

  4. 常勤監査役はどこから常勤?

  5. 手形の紛失・盗難が生じた時の手続について

  6. 計算書類における会計方針の変更の注記の1株当たり情報の取扱いは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,844,736 アクセス
ページ上部へ戻る