閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃金原資が減少しない場合の就業規則変更の合理性判断
  2. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税
  3. 子会社と認識していると言われたから親会社?
  4. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  5. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  6. 改正民法(その3)・・・危険負担
  7. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  8. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  9. 節税保険対応の通達改正案が公表
  10. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

3月31日に復興特別法人税の廃止が公布されました

復興特別法人税の1年前倒しによる廃止が3月31日の官報(特別号外第6号)で公布されました。

3月31日に公布される予定と聞いていましたが、昨日昼過ぎにインターネット官報で確認したところ「特別号外第6号」なるものは存在せず、もしや公布されていないのでは?と焦りましたが、今朝確認してみると確かに「特別号外第6号」なるものが存在し、復興特別法人税の廃止を確認することができました。

官報の仕組みについてはよくわからないのですが、紙ベースの官報には最初から含まれていたものだと思いますので、同時にインターネットに掲載してもらいたいものです。ただ、このようなこともあるのだと勉強になりました。

3月決算の会社にとっては、決算日までに税率の改正が公布されたことになりますので、平成26年3月期の税効果の計算にあたっては復興特別法人税廃止後の法定実効税率を使用して税効果を計算することになります(個別税効果実務指針18項)。
したがって、スケジューリングの結果によって適用する法定実効税率を区分するというような面倒な作業は不要となるわけですが、一方で、税効果会計に関する注記において、税率変更により繰延税金資産、負債の金額が修正された旨及び修正額を注記する必要があります(連結財規15条の5第1項3号、財規8条の12第1項3号)。

これでまた単一の実効税率に戻るのですが、複数の税率に対応して作成したワークシートをどうしようか・・・
結構考えて作ったのに・・・

日々成長

関連記事

  1. 共通支配下の事業譲渡に係る税効果-個別財務諸表の処理

  2. 東京都の法定実効税率-超過税率は改正前後どちらも考え方があるよう…

  3. 税効果会計の改正案の全容とは?(その2)

  4. 「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の改正適用時の影響額…

  5. 税効果注記公開草案どおり決着したようです

  6. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,844,763 アクセス
ページ上部へ戻る