閉じる
閉じる
閉じる
  1. 退職代行業者から従業員が退職したいという旨の連絡が来た場合の対応とは?…
  2. 2年契約なら2年分の申告書作成報酬が8%?-消費税経過措置
  3. 会計監査人の交代-クライアントの変動が多かった監査法人は?
  4. 個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい
  5. 所得拡大促進税制-決算賞与で要件充足は要注意
  6. 監査人の交代が3年連続で増加
  7. 休憩時間を勝手にずらして取得する社員を懲戒できるか?
  8. 新たな連結納税制度は「個別申告方式}?
  9. 「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例
  10. 保険外交員も東京都では「代理業」として個人事業税の対象で運用
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方

そんな機能あったのかと最近気づいたのが、Excelにデータを入力する際の「Alt+↓」です。

大量のデータを決まった項目から入力するのであれば入力規則を設定してドロップダウンリスト化することが考えられますが、ちょっとした表を作成するのであれば、「Alt+↓」は結構役に立つと思います。

データを入力したいセルで「Alt+↓」を押すと、その列に入力されている項目が下のようにリストとして表示されます。

「東京都」を選択して「Enter」を押すと「東京都」が入力されます。「東京都」位なら打ち込んだ方が早いかもしれませんが、ある程度の長さの商品名や担当者名だと、いちいち入力するのは手間です。個人的には同じ値が入力されているセルをコピーして貼り付けるというようなことを多用していましたが、「Alt+↓」をもっと早く知りたかったと感じています。

上記の他データ入力で便利なショートカット等

これも最近知ったのですが・・・、アクティブセルで「Ctrl+D」を押すと、上のセルと同じ値が入力できます。「Alt+↓」で項目を選択したり、コピーして貼り付けるよりも簡単に同じ値を入力することができます。

ちなみに左のセルと同じ内容を入力したい場合は「Ctrl+R」で入力ができます。

また、同じデータを連続していくつか入力するのであれば、セル範囲を選択した上で、最初のセルにデータを入力し、「Ctrl+Enter」で確定すると、全てのセルに同じデータが入力できます。

なお「Ctrl+Enter」は列方向だけでなく行方向や表でも以下のように同様に機能します。

(入力後)

知っていると、わずかばかりではありますが業務効率がアップするかもしれません。

関連記事

  1. ノートPC増設メモリ末尾の”/E”は何だ?

  2. Eye-Fi ProX2 16GBは便利です

  3. Cloudfoggerを利用してみる-外部ストレージのファイルの…

  4. Evernote

  5. マウスの水平スクロール

  6. Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,599,098 アクセス
ページ上部へ戻る