閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有価証券報告書の和暦表示はマイナーに
  2. 清流監査法人に対し行政処分を勧告
  3. 収益認識会計基準ー28社が早期適用【経営財務誌調べ】
  4. 三菱ケミカルホールディングスが任意でKAMの報告を受領
  5. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  6. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  7. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  8. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  9. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  10. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

信号を待つ

赤信号が青になるのを待っているときに、ふと思いました。
「たくさんの人々が、赤信号が青になるのを待っている」って英語でなんて言うんだろう?

ここでぱっと、英語が口からでてくるかどうかが英語が話せるということにつながるのだろう思いますがなかなか難しいです。

私の場合、Many people are waiting for the traffic light・・・ と考えて、「ん?」この後”to change”っていう使い方ができるんだっけ?と考えてフリーズしてしまいました。

それで、英語の辞書を調べてみたら、wait for A to do で「A<人・物・事>が・・・するのを待つ」という使い方ができ、例の一つとして、「信号を待つ」・・・”?waiting for the traffic light(s) to change”が載っていました。

結局のところ、”Many people are waiting for the traffic light to change.”でいいのかなと思います。「赤信号が青に」というのを訳そうとすると”Many people are waiting until the the red light changes to green.”というようになるんでしょうか。

インターネットで検索してみると、単に”Many people are waiting for green light.”でいいようです。書いてみると簡単な文章ですが、とっさに出てくるようにするには訓練しかないんでしょうね。

とりあえず、練習するための素材として、英語学習について書かれていた書籍で勧められていた以下の本を購入してみました。簡単な英訳をスピーディーにこなせるように練習するというコンセプトで作成されているので、とりあえずやってみます。

日々成長

関連記事

  1. 英語学習

  2. 英語を正しく読む

  3. 伝説のスピーチで英語を学ぶ

  4. 「日本人の9割に英語はいらない」を読んで考える

  5. フィナンシャル・タイムズ紙のお試しの案内が来ました

  6. 30日で英語耳-「リスニングパワー」という教材が売れているようで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,284,705 アクセス
ページ上部へ戻る