閉じる
閉じる
閉じる
  1. のれん償却を再導入せず:IASB予備的見解
  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例
  3. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  4. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  5. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  6. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  7. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  8. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  9. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  10. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日銀円売り介入実施

日銀が円売り介入を実施したと発表しました。効果はあまりないのではないかと思いますが、こうした姿勢を示すことが重要なんでしょうか・・・

追加緩和も決定したということですが、日銀が国債や社債の買い取りを増やせば民間に資金が回るという前提が間違っているような気がするのは私だけでしょうか。

為替レートの推移は以下のような感じですが、このあと再び円安に振れないと恰好悪すぎます。日銀が単に円を保有するよりスイスフランやオーストラリアドルを保有したいというのであれば構いませんが、効果があったのは何分?ってことになってしまうので・・・

日々成長

関連記事

  1. ムーディーズも日本国債を格下げ(その1)

  2. 「国税記者 実録マルサの世界」-田中周紀著

  3. SBIホールディングスもオリンパスに続いてしまうのか?

  4. 国の借金が1000兆円を突破

  5. 「予想通りに不合理」とはよく言ったものだ。

  6. 「為替の誤解」(上野康成 著)-No1エコノミストらしいので・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,568,458 アクセス
ページ上部へ戻る