閉じる
閉じる
閉じる
  1. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  2. 内部統制報告制度強化等は先送り
  3. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  4. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  5. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  6. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  7. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  8. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  9. RSは退職給与として損金算入が認められない
  10. 育児・介護休業法改正-2022年4月施行
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いは?

本屋でたまたま「国税記者 実録マルサの世界」という本を見かけ、「巨額脱税事件をスクープせよ」という帯に興味を魅かれて購入しました。

国税担当の記者として遭遇した事件のいくつかを紹介しているものですが、気分転換にすこしずつ読もうと思って読み始めました。

その本の最初の方に報道で使われる「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」の違いについて書かれていました。
あたらめて聞かれると、たしかに上記三つはみたことがある(あるいは聞き覚えがある)表現です。
あまり意識したことはありませんでしたが、「申告漏れ」は悪意がない間違いというイメージ、「所得隠し」と「脱税」はどちらも悪意があるようなケースが連想され、表現的には「脱税」のほうが強いというイメージをもっていました。

しかしながら、同書による解説によると「申告漏れ」「所得隠し」「脱税」は以下のように使い分けられているとのことです。

「申告漏れ」

「増差所得」のことであり、「この言葉のニュアンスの中には意図的な税逃れも、単なる経理処理上のミスも両方含まれている」とのことです。「脱税の疑いで・・・」というような報道がなされるイメージがあるので、「申告漏れ」というとあまり悪質なものではないというイメージをもっていましたが、「意図的な税逃れ」も含まれるとのことであり、認識を改めました。

「所得隠し」

報道で「所得隠し」と呼ばれるのは、「申告漏れ」のうち「重加算税が課せられる部分」だそうです。重加算税が加算されるくらいなので、相当悪質なものということになります。

「脱税」

報道で「脱税」という言葉が使われるのは、「査察部が地検に告発した事案に限定される。」そうで、「査察部が取り扱う事案は所得隠しの金額が1億円を超えるもの」とのことです。
「所得隠し」も相当悪質ではありますが、悪質かつ巨額になると「脱税」という報道がなされるということのようです。

いままで、ほとんど意識していませんでしたが、これからは報道の表現にも注意してみようと思います。

日々成長。

関連記事

  1. <林原>事業再生ADRを申請 巨額投資が経営を圧迫

  2. 電力不足の不可解ー日本版WSJより

  3. スウェーデンの高福祉・高競争力経済について

  4. 通勤手当の非課税限度額引き上げ等ー平成28年度税制改正大綱

  5. 「税務署は見ている」-元国税調査官 飯田真弓著

  6. 日本を見捨てる富裕層-週刊ダイヤモンドより




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,575,319 アクセス
ページ上部へ戻る