閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正項目の「事業等のリスク」、2019年3月期の早期適用は26社
  2. 証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表
  3. 清流監査法人に業務改善命令
  4. 収益認識会計基準の注記事項等が明らかに
  5. 社有車運転中の音声をドライブレコーダーで強制的に録音することの可否
  6. 通達に従った税務処理を否認する課税処分が司法でも相次いで容認されている…
  7. ASBJ LIBOR公表停止対応で契約の条件変更とヘッジ会計に関する論…
  8. 監査役協会-監査役会への監査役選解任件の付与等を提言
  9. ムゲンエステートがマンション仕入控除訴訟で敗訴-東京地裁
  10. 改正会社法、今臨時国会(12月9日まで)に成立させたい意向
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

着ぐるみの制作費は固定資産

税務通信の3260号のショウウィンドウで「キャラクターの着ぐるみの制作費用」という面白い記事が掲載されていたので紹介します。

今まで気にしたこともありませんでしたが、キャラクターの着ぐるみ制作費用は「大きさや素材にもよるが50万円以上と高額なものも少なくない」とのことで、税務上の取扱いが問題となります。

結論としては、一般的に着ぐるみは1年以上使用するものであるので減価償却資産に該当し、『着ぐるみの耐用年数は、耐用年数省令別表一「器具及び備品」の「看板及び広告器具」のうち、掲げられているいずれの細目にも該当しないため「その他のもの5年」となるものと考えられる』という見解が示されています。

着ぐるみが固定資産というのは、なんだか違和感がありますが、固定資産の定義に当てはまるので固定資産台帳にのっていることがあるということになります。

なお、着ぐるみを修繕した場合は、「固定資産の維持管理や現状回復のためであると考えられるため、基本的には修繕費として支出した時に損金算入が認められよう」とされています。また、稀にキャラクターが進化してスタイルが少し変わることもあります。この場合であっても支出した金額が60万円を超える可能性は低いので、元の着ぐるみを改修しているのであれば、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでないものとして修繕費として処理することができるものと考えられます。

最後に、消費税の処理として個別対応方式を採用している場合における、着ぐるみにかかる消費税の取扱いですが、これは着ぐるみの制作目的によって取扱いを判断することになります。
つまり、会社のマスコットキャラクターのようなものであれば、「課税売上げと非課税売上げに共通して要するもの」となり、課税製品のPRのためだけに制作したものであれば「課税売上げにのみ要するもの」となります。この点については、着ぐるみに限らず、2Dのキャラクター制作費用であっても同様です。

製品キャラクターの場合は、5年ももたないことが多いと思いますので、会計上の耐用年数を何年にすべきかという点は問題になる可能性があります。もっともらしい期間を設定すならば、平均的な製品の寿命期間を算出してみるということが考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 法人税法で損金算入した源泉復興特別所得税の事業税所得割の取扱い-…

  2. 資本剰余金を原資とする配当は税務上の取扱いにも注意

  3. 非上場株式の評価損の損金算入要件と会計上の減損

  4. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その1)

  5. 平成27年度税制改正(その1)ー法人税関連

  6. 復興特別所得税の区分処理方法(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,834,509 アクセス
ページ上部へ戻る