閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

着ぐるみの制作費は固定資産

税務通信の3260号のショウウィンドウで「キャラクターの着ぐるみの制作費用」という面白い記事が掲載されていたので紹介します。

今まで気にしたこともありませんでしたが、キャラクターの着ぐるみ制作費用は「大きさや素材にもよるが50万円以上と高額なものも少なくない」とのことで、税務上の取扱いが問題となります。

結論としては、一般的に着ぐるみは1年以上使用するものであるので減価償却資産に該当し、『着ぐるみの耐用年数は、耐用年数省令別表一「器具及び備品」の「看板及び広告器具」のうち、掲げられているいずれの細目にも該当しないため「その他のもの5年」となるものと考えられる』という見解が示されています。

着ぐるみが固定資産というのは、なんだか違和感がありますが、固定資産の定義に当てはまるので固定資産台帳にのっていることがあるということになります。

なお、着ぐるみを修繕した場合は、「固定資産の維持管理や現状回復のためであると考えられるため、基本的には修繕費として支出した時に損金算入が認められよう」とされています。また、稀にキャラクターが進化してスタイルが少し変わることもあります。この場合であっても支出した金額が60万円を超える可能性は低いので、元の着ぐるみを改修しているのであれば、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでないものとして修繕費として処理することができるものと考えられます。

最後に、消費税の処理として個別対応方式を採用している場合における、着ぐるみにかかる消費税の取扱いですが、これは着ぐるみの制作目的によって取扱いを判断することになります。
つまり、会社のマスコットキャラクターのようなものであれば、「課税売上げと非課税売上げに共通して要するもの」となり、課税製品のPRのためだけに制作したものであれば「課税売上げにのみ要するもの」となります。この点については、着ぐるみに限らず、2Dのキャラクター制作費用であっても同様です。

製品キャラクターの場合は、5年ももたないことが多いと思いますので、会計上の耐用年数を何年にすべきかという点は問題になる可能性があります。もっともらしい期間を設定すならば、平均的な製品の寿命期間を算出してみるということが考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準

  2. フリーレントの税務上の取扱

  3. 会計と税務における外貨建資産等の換算方法の違いは?

  4. 法人税の収益計上基準の原則は「引渡基準」

  5. 従業員が不正に受領したリベートの帰属の帰属-平成24年2月29日…

  6. アンテナ設置収入は収益事業に該当-東京高裁判決

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,390,461 アクセス
ページ上部へ戻る