閉じる
閉じる
閉じる
  1. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  2. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  3. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  4. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  5. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  6. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  7. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  8. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  9. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  10. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

海外出向者に対して交差補填金として支給される留守宅手当と源泉徴収

従業員が海外子会社に出向するようなケースにおいて、現地子会社で受け取る給料が日本での給与水準に比して低い場合、給与格差を補填するため留守宅手当というような名称で交差補填金が支給されることがあります。

海外赴任差の給与については、購買力補償方式が採用されるのが主流となっているため、円換算ベースで考えると現地で受け取る給料の額が日本の水準には及ばないことがあり、単身赴任しているようなケースでは日本に残ってる家族の生活に支障が生じるため日本の親会社が給与水準の差額を支給するという趣旨です。

さて、日本の親会社が海外赴任中の従業員に対して留守宅手当から源泉徴収する必要があるのかですが、当該従業員が非居住者に該当するのであれば、原則として当該留守宅手当から源泉徴収する必要はありません。

なぜなら、所得税法上、非居住者に対して支払う給与等については、その者の勤務が我が国において行われる源泉所得に該当するものについてのみ課税する、とされているためです。

つまり、海外子会社に出向している従業員は、当該子会社のために労働を提供しているので、当該従業員に対して支給される留守宅手当は、海外子会社の勤務の対価として支払われるものであり、源泉徴収が必要な国内源泉所得にはあたらないということになります。

上記のように、海外出向者に対する交差補填金としての留守宅手当に対しては、基本的に源泉徴収は不要となりますが、裏を返すと、この留守宅手当は当該従業員が居住する国で課税関係が生じることになると考えられます。

(参考:「四訂版 出向・転籍の税務」P432 留守宅家族に支払う給与の交差補填金の源泉徴収の要否)

日々成長

関連記事

  1. ハズレ馬券訴訟が各地で起こっているらしい

  2. 所得税の重加算税が課せられるのはどんな時?

  3. 扶養控除等申告書におけるマイナンバーの取扱い(その1)

  4. 前月に給与支払いがない従業員に対して賞与を支給した時の源泉徴収方…

  5. 扶養控除等申告書におけるマイナンバーの取扱い(その4)-税法で定…

  6. 平成24年税制改正による退職所得課税の見直し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,397,079 アクセス
ページ上部へ戻る