閉じる
閉じる
閉じる
  1. 清流監査法人に対し行政処分を勧告
  2. 収益認識会計基準ー28社が早期適用【経営財務誌調べ】
  3. 三菱ケミカルホールディングスが任意でKAMの報告を受領
  4. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  5. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  6. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  7. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  8. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  9. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  10. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2015年明るい年になるとよいですが・・・

2015年になって今年も1年コツコツと学んだことでブログの更新に励んでいこうと思いますが、今年最初に取り上げるのは人口減少についてです。

平成26年版高齢社会白書(内閣府)によると、今後の人口動態予測は以下のようになっています。
2015-1-5-1
(出典:「平成26年版高齢社会白書」(内閣府))

上記で最初の推計値が示されている2015年を迎えたわけですが、それ以降の推移を見ると、15歳~59歳の人口は減少し75歳以上の人口は増加していきます。

恐ろしいのは死亡率等が激変しない限り人は1年で1歳年をとるため、少子化対策がとられなければ推計といっても高い確率でこのような人口動態を示すということです。

上記では2040年から2050年にかけて人口が1億人を下回ることになりますが、「日本の将来推計人口(平成 24 年1月推計)」(国立社会保障・人口問題研究所)によると2048年に9913万人となると推測されています。

今後25年で15歳~59歳の人口が約1800万人も減少する一方で、75歳以上の人口は約600万人増加することを考えると、将来どのような社会が訪れるのか不安になってきます。

12月の選挙により長期政権が実現するという見方が強いようですが、現政権は本気で少子化対策に取り組んでいるという感じはありません。

子供は突然年をとりませんので、アベノミクスもよいですが、早急に対策をとってもらいたいところです。

日々成長

関連記事

  1. 監査法人トーマツも早期退職の募集を開始

  2. 「第二会社方式」とは?(その1)

  3. 粉飾決算を巡りオリンパス社に初の損害賠償判決-東京地裁

  4. 原発と夜間電力と電気自動車と。

  5. 木更津のアウトレットに行ってきました

  6. 住宅ローンの低金利競争

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,275,495 アクセス
ページ上部へ戻る