閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効
  2. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し
  3. 新型コロナ関連の後発事象記載事例
  4. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例
  5. 国外財産調書と国外財産調書、両調書提出義務ある場合は国外財が産特例のみ…
  6. 信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか
  7. 法人税・消費税の申告期限は延長される・されない?
  8. ウイングアーク1st(株)が2年連続で上場申請を取消
  9. 衆議院予算委員会第一分科会で「監査固有の限界」の周知の必要性に言及
  10. IPOはツキも重要-昨年に引き続き再トライのウイングアーク1st株式会…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2015年明るい年になるとよいですが・・・

2015年になって今年も1年コツコツと学んだことでブログの更新に励んでいこうと思いますが、今年最初に取り上げるのは人口減少についてです。

平成26年版高齢社会白書(内閣府)によると、今後の人口動態予測は以下のようになっています。
2015-1-5-1
(出典:「平成26年版高齢社会白書」(内閣府))

上記で最初の推計値が示されている2015年を迎えたわけですが、それ以降の推移を見ると、15歳~59歳の人口は減少し75歳以上の人口は増加していきます。

恐ろしいのは死亡率等が激変しない限り人は1年で1歳年をとるため、少子化対策がとられなければ推計といっても高い確率でこのような人口動態を示すということです。

上記では2040年から2050年にかけて人口が1億人を下回ることになりますが、「日本の将来推計人口(平成 24 年1月推計)」(国立社会保障・人口問題研究所)によると2048年に9913万人となると推測されています。

今後25年で15歳~59歳の人口が約1800万人も減少する一方で、75歳以上の人口は約600万人増加することを考えると、将来どのような社会が訪れるのか不安になってきます。

12月の選挙により長期政権が実現するという見方が強いようですが、現政権は本気で少子化対策に取り組んでいるという感じはありません。

子供は突然年をとりませんので、アベノミクスもよいですが、早急に対策をとってもらいたいところです。

日々成長

関連記事

  1. Facebookの時価総額は$100 billion?

  2. ”メッシュ-すべてのビジネスはシェアになる”を読んで

  3. 「第二会社方式」とは?(その2)

  4. スターバックス再生物語

  5. 中国経済のバブルは継続するか?(その1)

  6. iPadのスクリーンコピー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,512,298 アクセス
ページ上部へ戻る