閉じる
閉じる
閉じる
  1. 入社時に有給を付与するとしつつ、試用期間中は取得を認めないという場合の…
  2. 税務当局、重加算賦課姿勢に変化?
  3. リース基準・・・参考人より日本の不動産賃貸借の特殊性に考慮が望まれると…
  4. 管理監督者に深夜割増手当を支給していないが8.9%
  5. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令
  6. 複数の業界団体から四半期開示にかかる意見書等が提出されているそうです
  7. 時価の算定に関する会計基準(その3)
  8. のれんの償却期間は基本的に10年が上限になる?
  9. 収益認識会計基準の早期適用新たに8社が開示
  10. フリンジベネフィット開示に変化の兆しがあるらしい
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

独立社外取締役の選任率が大きく上昇

東京証券取引所が6月17日に公表した「東証上場会社における社外取締役の選任状況」によると、東証一部上場1,885社のうち、社外取締役を選任した会社は昨年の1,347社(74.3%)から1,735社(92.0%)へと大きく増加したとのことです。

会社法の改正により選任率は上昇すると予想されていましたが、東証1部では上記の通り9割超となりました。東証一部上場会社の1社あたりの社外取締役人数は2.0人とのことですが、2名以上の独立社外取締役を選任した会社の割合は昨年から25.0%増と大きく増加しているものの46.5%となりました。

独立社外取締役の選任会社数を市場別にみると以下のようになっています。
2015-07-01_1

また、今期より独立社外取締役を新規導入した会社数は431社であったとのことです。有名なところでは、日産自動車、ヤフー、京セラなどが今期から新たに独立社外取締役を新規に導入しています。

今後マザーズおよびジャスダックでどれくらい選任割合が増加していくかに注目です。

日々成長

関連記事

  1. マイナス金利をふまえた会計基準の改正予定は?

  2. インサイダー取引規制の改正-2015年9月16日施行

  3. ベネッセから「重要なお知らせです」が届いた件

  4. 太陽光発電電力の売却と消費税

  5. 所得税の世帯課税は女性の活用を妨げるのか?

  6. 期限切れになったモラトリアム法利用後の3月倒産発生件数は42件-…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,713,780 アクセス
ページ上部へ戻る