閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針が改正されました

平成28年3月28日にASBJから繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(企業会計基準適用指針第26 号)の改正版が正式に公表されました。

この間公表されたばかりなのにという感じですが、「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」を早期適用した場合の取扱いの明確化を図るため改正が行われたものです。

改正が図られたのは適用指針49項(2)です。

昨年12月に公表された時点では、「(1)ただし書きの適用にあたって、早期適用した連結会計年度及び事業年度の翌年度に係る四半期連結財務諸表及び四半期個別財務諸表においては、早期適用した連結会計年度及び事業年度の四半期連結財務諸表及び四半期個別財務諸表について本適用指針を当該年度の期首に遡って適用する。」と規定されていました。

理屈でいえば遡及適用すべきなのは適用指針で会計方針の変更として取り扱われる3項目だと考えられますが、上記の規定における「本適用指針を当該年度の期首に遡って適用する」を文字通り解釈すれば適用指針すべてを比較情報として開示される年度の期首に遡って適用すべきとになるので、規定の仕方を明確化すべきという意見があったことに対応した改定とのことです。

結論としては、遡及的要すべきなのは会計方針の変更として取り扱われる3項目のみであるので、49項(2)は以下のとおり改正されました。以下の太字が改正部分です。

(2) (1)ただし書きの適用にあたって、早期適用した連結会計年度及び事業年度の翌年度に係る四半期連結財務諸表及び四半期個別財務諸表においては、早期適用した連結会計年度及び事業年度の四半期連結財務諸表及び四半期個別財務諸表(以下「比較情報」という。)について第49 項(3)①から③に該当する定めを当該年度の期首に遡って適用する。

なお、今回の改正は昨年12月公表時に意図していた内容を明確化するにすぎないものであるため、公開草案の公表は行わずに改正が行われています。

当初から意図した内容に変更はないということで、適用時期についても、49-2項で「 平成28 年に改正された本適用指針(以下「平成28 年改正適用指針」という。)の適用時期は、平成27 年12 月に公表された本適用指針と同様とする。」とされています。

日々成長

関連記事

  1. 税効果会計の改正案の全容とは?(その2)

  2. 分類2会社の役員退職慰労引当金と税効果-繰延税金資産の回収可能性…

  3. 共通支配下の事業譲渡における税効果がよくわかりません

  4. 未実現損益の税効果の取扱いをASBJが再検討

  5. 税効果ー開示拡充の見直し案

  6. 改正税効果早期適用は16社-2018年3月期




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,074,905 アクセス
ページ上部へ戻る