閉じる
閉じる
閉じる
  1. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  2. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  3. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  4. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  5. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  6. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  7. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  8. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
  9. GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし
  10. 公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

所得金額1億円超の人数は5年で60%増加

5月31日に国税庁が公表した「平成28年分の所得税等、消費税及び贈与税の確定申告状況等」によると、申告納税額は前年比3.1%増の3兆621億円で、平成10年分以降で最高額となっています。

このうち所得金額1億円超の申告を行ったのは2万383人で、5年前の平成23年分では1万2,750人であったので、5年前と比較すると約60%増と大幅に増加しています。あるところにはあるということですが、上場企業の役員で役員報酬が1億円以上の人は何人くらいいるのかが気になったので、確認してみると東洋経済オンラインの2016年6月の記事で503人とされていました。所得ベースでは1億円を下回る人も含めて503人なので、所得金額1億円超の5%程度に過ぎないということになります。

上記の記事に記載されたリストに因れば、報酬総額が10億円以上の役員は6名、報酬額トップ50の50番目の方の報酬は2億8千万円とされています。国税庁が公表している民間給与実態統計調査によると、平成27年度の年間平均の給与所得者数は5669万人とされていますが、ここでトップの方を目指しても、悲しいかな所得金額1億円超の人数にカウントされる可能は限りなく低いというのが現実です。

もっとも、上場企業の役員よりも優良非上場企業のオーナーの方が高い報酬を得ているというケースも比較的多くあるので、会社役員という括りでいえば、もう少し人数は増えると思われますが、このような会社の場合、オーナー一族でない者が役員となっても同じような報酬を得られることはまずありません。

アメリカ企業のCEOのような法外な報酬である必要はありませんが、1億円超の所得申告者が約2万人であれば、上場企業の役員にその10%程度が含まれていて欲しいと思います。少し前にピケティのr>gが話題になりましたが、サラリーマンにも多少は夢を与えて欲しいですね。

そんなこと言っていないで起業しないからだめなのかもしれませんが・・・

関連記事

  1. 会社役員賠償責任保険と費用負担

  2. 米国子会社に全部合算課税のリスクが問題となっているようです

  3. 「利益剰余金と資本剰余金の双方を原資とする剰余金の配当」は全額が…

  4. 貯蔵品の課税仕入れを行った日はいつか?-貯蔵品残高は税込?税抜?…

  5. 自動車保険の免責部分は消費税の課税対象?

  6. そろそろ確定申告の期限です

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,371,887 アクセス

ページ上部へ戻る