閉じる
閉じる
閉じる
  1. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  2. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  3. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  4. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  5. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  6. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  7. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  8. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  9. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
  10. コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2019年上半期のIPOは42社見込み

経営財務誌の調査によると、2019年上半期のIPOは42社となる見込みとのことです(経営財務3413号)。

市場別にみると、東証マザーズが28社(66.7%)と最多となっています。以下、多い順に東証二部5社、JASDAQ3社、TOKYO PRO3社と続いています。東証一部に直接上場したのは日本国土開発1社のみとなっています。

東証以外では、札幌アンビシャス、福証本則がそれぞれ1社となっています。

経営財務誌の分析では今年は、例年と比べて東京都以外が目立ったとされています。とはいえ、東京都が22社で過半を占めていますが、次いで大阪や神奈川あたりが続くのか思いきや、東京都の次に多かったのは愛知県で6社とのことです。大阪は3社、福岡と愛媛は各2社となっています。個人的にはたまたまだと考えていますが、下期あるいは来年の傾向には注意したいと思います。

業種別では、情報通信業が15社と最多で、これにサービス業が14社と続いています。これは最近の傾向どおりといえます。ちなみにサービス業以下は、小売業・卸売業・建設業がそれぞれ3社となっており、情報通信業とサービス業とは大きく差が開いています。

監査法人別では、EY新日本が最多で11社、これにあずさ9社、トーマツ7社と続いています。大手がIPOをすすんでやらなくなっていると言われている割に大手3社が多いという傾向が続いています。なお、2019年上半期には太陽が5社と健闘しています。

明日以降上場する会社も残っていますが、東証マザーズに上場した会社の中では、時価総額では今のところSansanが1619億円で最も大きくなっています。

前年同期と比べて2社増加していますが、ほぼ前年並みなので、上期の状況からすると米中関係による株式市場の大きな冷え込みがなければ、年間では昨年並み程度となりそうな感じです。

関連記事

  1. 新規上場の簡素化に日本公認会計士協会は反対意見を表明

  2. 2020年上半期IPOは38社-前年同期比4社減

  3. 新規上場のためのIの部と過年度遡及会計基準との関係

  4. 事業等のリスクに長時間労働を掲げても上場審査はパスできる?

  5. 2016年最初のIPO「(株)はてな」の人件費増加予想が気になり…

  6. (株)アークンが今後の上場審査にもたらすかもしれないもの

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,709,160 アクセス
ページ上部へ戻る