閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:支払調書

個人事業主として活動している士業の場合、この時期になると報酬の支払元(クライアント)から「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の支払調書が郵送されてきていると思います。報酬の支払元が源泉徴収義務者であれば、特にこちらからリクエスト…

カテゴリー

最近の記事

  1. 今回は改正民法の危険負担についてです。危険負担は、売買等の双務契約が成立した後に、債務者の責…
  2. 経営財務3404号の記事によると、2018年12月期の有価証券報告書において改正税効果基準を早期適用…
  3. GW中の平日に決算発表を行う会社はそれほど多くありませんが、2019年は10連休となることによって、…
ページ上部へ戻る