閉じる
閉じる
閉じる
  1. ボリュームライセンス、ライセンスキー一つでも単位当たりで判定可能
  2. たな卸資産と棚卸資産
  3. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効
  4. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し
  5. 新型コロナ関連の後発事象記載事例
  6. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例
  7. 国外財産調書と国外財産調書、両調書提出義務ある場合は国外財が産特例のみ…
  8. 信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか
  9. 法人税・消費税の申告期限は延長される・されない?
  10. ウイングアーク1st(株)が2年連続で上場申請を取消
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:ソフトウェア

経営財務3335号にトピックスプラスとして「クラウドサービスの会計処理」が取り上げられていました。ソフトウェアの会計処理を定めている「研究開発費等に係る会計基準」および「研究開発費及びソフトウェアの会計処理に関する実務指針」は、公表…

「ソフトウェア取引の会計・財務Q&A 第2版」(有限責任監査法人トーマツ編)のQ4-17「クラウドサービスの提供者におけるソフトウェアの分類」では、ASP、SaaSのサービス提供に用いられるソフトウェアの分類について「複写」というキーワード…

今回はソフトとウェアの有姿除却についてです。ソフトウェアの有姿除却については、どちらかといえば税務上の取扱いが気になりますが、これは次回以降に譲るとして、今回は会計上の取扱いについて確認します。そもそも「除却」とは何かですが…

クラウド型のサービスとして提供するためソフトウェアの制作費は、「研究開発費等に係る会計基準」や「研究開発費及びソフトウェアの会計処理に関する実務指針」(企業制度委員会報告第12号)でいうところの「市場販売目的のソフトウェア」と「自社利用のソ…

カテゴリー

最近の記事

  1. 税務通信3599号のショウ・ウインドウに「ボリュームライセンスと少額減価償却資産特例」という記事が掲…
  2. 「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号)が公表されたのは2006年7月ですが、財務諸…
  3. 日々日経平均が大きく変動を繰り返しており、タイミング悪く業績によって株価を下げていた銘柄については、…
ページ上部へ戻る