閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年10社で限定付適正意見が表明
  2. バーチャルオンリー株主総会-反対推奨(ISS)
  3. 2021年IPOは124社-3月決算の割合が比較的少ないのは偶然か
  4. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  5. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  6. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  7. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  8. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  9. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  10. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:低価法

システム開発等の請負契約についても、「工事契約に関する会計基準(企業会計基準第15号)」の適用対象となりますが、受注した案件で赤字が発生する見込みとなった場合、工事損失引当金と棚卸資産としての低価法の適用の関係をどのように考えればよいのかが…

カテゴリー

最近の記事

  1. 2021年監査報告書で上場会社10社で限定付適正意見が表明されたとのことです(経営財務3540号「限…
  2. ここにきてオミクロン株の感染者数が急増し、感染者数が過去最多というような状況となっているので、感染者…
  3. 例年よりも集計等が遅れましたが、2021年のIPOの状況を確認してみました。東証に2021年…
ページ上部へ戻る