閉じる
閉じる
閉じる
  1. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなしー「監…
  2. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  3. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  4. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  5. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  6. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  7. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  8. テレワーク導入費用の課税関係
  9. 法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続
  10. アズ企画設計が審査請求棄却を不服として東京地裁に更正処分取消を提訴
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:低価法

システム開発等の請負契約についても、「工事契約に関する会計基準(企業会計基準第15号)」の適用対象となりますが、受注した案件で赤字が発生する見込みとなった場合、工事損失引当金と棚卸資産としての低価法の適用の関係をどのように考えればよいのかが…

カテゴリー

最近の記事

  1. 2020年10月12日に日本公認会計士協会は、監査基準委員会研究資料第1号「「監査上の主要な検討事項…
  2. 在外子会社がIFRS16を適用し、使用権資産を計上している場合に日本基準を適用している親会社のBSで…
  3. GoToトラベルを企業が出張で使用することができるの同じように、GoToEatキャンペーンについても…
ページ上部へ戻る