閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税
  2. 子会社と認識していると言われたから親会社?
  3. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  4. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  5. 改正民法(その3)・・・危険負担
  6. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  7. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  8. 節税保険対応の通達改正案が公表
  9. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  10. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:業務効率化

Word文書をPDF化する際に、自分のPCにはアドビのAcrobatがインストールされているので、特に考えもせず、Wordの「ACROBAT」タブの「PDFを作成」でPDFファイルを作成していました。ただ、ASBJの会員ロゴ(TIF…

MSのOffice製品は業務上日常的に使用していますが、その割に使ったことがない機能が多々あるのは当然のこと、そもそもそんな機能があったんだと気づいていないものも多くあるのではないかと思います。そのような機能の一つが「翻訳」の機能で…

そんな機能あったのかと最近気づいたのが、Excelにデータを入力する際の「Alt+↓」です。大量のデータを決まった項目から入力するのであれば入力規則を設定してドロップダウンリスト化することが考えられますが、ちょっとした表を作成するの…

以下のような表があった場合に、縦列と横列の交差する値を取得したいというようなケースがあります。実際はもっと大きな表で、集計結果も別シートに表示されていたりすると思いますが、説明の便宜上簡素な表にしてあります。こんなときどうす…

他の人が作成したExcelのワークシートで、VLOOKUP関数が使用されていることはよくありますが、HLOOKUP関数が使用されていることはあまりありません。そのためかVLOOKUP関数はよく使うという方でも、HLOOKUP関数が使…

久々にExcelについてです。仕事柄VLOOKUP関数をよく使いますが、VLOOKUP関数だと、指定した範囲の左端列しか検索することができません。そのため、検索したい列が、とってきたいデータよりも右側にあるとVLOOKUP関数を使う…

Excelの使い方を改めて確認してみた(その5)の続きです。参考とした書籍はExcel 最強の教科書です。11.相対参照と絶対参照これは改めて確認するまでもないかもしれませんが、相対参照について「$」をつける位置がどっちだか…

年末年始をはさんで間が開きましたが、Excelの使い方を改めて確認してみた(その4)の続きです。参考とした書籍はExcel 最強の教科書です。10.F2で参照先のセルを確認する数式が入力されているセルで、参照元のセルを確認し…

Excelの使い方を改めて確認してみた(その3)の続きです。参考とした書籍はExcel 最強の教科書です。8.SUM関数の入力スピードを上げる方法Excelで合計を求めようとする場合、以下の「オートSUM」ボタンをクリックす…

Excelの使い方を改めて確認してみた(その2)の続きです。参考とした書籍はExcel 最強の教科書です。6.郵便番号からの住所入力Excelの作表上、得意先等の住所を入力することがあると思いますが、住所入力については、Mi…

さらに記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

  1. 今年も「税制改正マップ (平成31年度) あいわ税理士法人編」を参考に平成31年度税制改正の内容を確…
  2. ヤフー株式会社が本日「親会社の異動に関するお知らせ」という適時開示を行いました。端的にい…
  3. 税務通信3553号の税務の動向に「受取配当金等の益金不算入額の過大計上に注意」という記事が掲載されて…
ページ上部へ戻る