閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2019年12月期有価証券報告書提出延長申請は3社
  2. ボリュームライセンス、ライセンスキー一つでも単位当たりで判定可能
  3. たな卸資産と棚卸資産
  4. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効
  5. 2020年3月に入り8社がIPO承認を取り消し
  6. 新型コロナ関連の後発事象記載事例
  7. 新型コロナウィルス対策と株主総会ー12月決算会社の事例
  8. 国外財産調書と国外財産調書、両調書提出義務ある場合は国外財が産特例のみ…
  9. 信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか
  10. 法人税・消費税の申告期限は延長される・されない?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:組織再編

税務通信3529号に平成30年度税制改正において租税特別措置法の時限措置として創設された産業競争力強化法における特例制度を前提とする自社株式対価M&Aに係る課税の特例制度についての解説記事(「自社株式対価M&Aに係る課税の特例制度の全容と活…

T&A master No.714に「自社株対価TOB、親会社株を対象も」という記事が掲載されていました。平成30年度税制改正では、自社株式等を対価とした株式取得に応じた株主の株式譲渡益(法人)・譲渡所得(個人)への課税を繰り延べる…

T&A master No.703に「ヤフー・IDCFに続く否認事例が訴訟に」という記事が掲載されていました。この事案は、同誌No.695の”行為計算否認、ヤフーおよびIBM判決の影響鮮明”行為計算否認”という記事で「国税不服審判所…

カテゴリー

最近の記事

  1. 大手の上場会社では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全社的に在宅勤務が実施されるなどの措置が…
  2. 税務通信3599号のショウ・ウインドウに「ボリュームライセンスと少額減価償却資産特例」という記事が掲…
  3. 「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号)が公表されたのは2006年7月ですが、財務諸…
ページ上部へ戻る