閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年10社で限定付適正意見が表明
  2. バーチャルオンリー株主総会-反対推奨(ISS)
  3. 2021年IPOは124社-3月決算の割合が比較的少ないのは偶然か
  4. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  5. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  6. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  7. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  8. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  9. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  10. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:上場廃止

経営財務3350号のニュースに「有報等提出遅延による上場廃止、過去5年で4社」という記事が掲載されていました。東芝の不正会計でも話題となりましたが、取引所が定める上場廃止要件の一つに、有価証券報告書等の提出遅延があります。とはいえ、…

2016年5月末に特設注意指定銘柄の指定が継続された際に、”エナリスが上場廃止の危機??”というタイトルで記事を書きましたが、突如閲覧件数が増加したので、何があったのかと確認してみると、どうやらYahoo!のトップページにロイターの記事が掲…

日経のNetを眺めていたら、以下の記事が目に留まりました。「自ら上場廃止、6年で64社 広がるMBO -上場コスト逃れ 株主より速さ重視」というものです。冒頭部分では以下のように記載されていました。株式市場で自ら…

カテゴリー

最近の記事

  1. 2021年監査報告書で上場会社10社で限定付適正意見が表明されたとのことです(経営財務3540号「限…
  2. ここにきてオミクロン株の感染者数が急増し、感染者数が過去最多というような状況となっているので、感染者…
  3. 例年よりも集計等が遅れましたが、2021年のIPOの状況を確認してみました。東証に2021年…
ページ上部へ戻る