閉じる
閉じる
閉じる
  1. 法務省、会社計算規則の一部改正案を公表
  2. パワハラ対策義務化の確認(その2)
  3. 2019年監査人の交代が4年連続で増加
  4. 会社法319条1項に基づく書面による意思表示に取締役会決議は必要か
  5. 令和元年改正会社法を確認(その1)
  6. パワハラ対策義務化の確認(その1)
  7. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?
  8. 代表取締役の内縁の妻に支給した給与が本人に対する給与とされた事案
  9. 消費税増税後の申告 付表1-1等の記入誤りに注意?
  10. 風評被害の賠償金は非課税所得にならず?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:企業結合

2019年1月16日にASBJから「企業結合に関する会計基準」及び改「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」の改正が公表されました。今回の改正は、条件付取得対価が返還される場合の取扱いに関するもので、平成31年4月…

3月決算会社の単体計算書類を作成する場合に、「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」を早期適用していなければ今期は特に記載する項目はないかなと思い、確認のため証券印刷の単体開示用の記載例を確認してみました。すると、連結同様に「企…

改正企業結合会計基準については、平成27年4月1日以後開始する事業年度からの適用が原則となっていますが、初年度適用時の処理としては以下の二つの方法があります。1)原則的処理過去の期間のすべてに新たな会計方針を遡及適用した場合の適…

今回は前回に引き続き、平成25年9月13日にASBJから公表された企業結合に関する会計基準の主な改正内容について残りの二つの内容を確認します。取得関連費用の取扱い暫定的な会計処理の確定の取扱い1.取得関連費用の取…

今回は、平成25年9月13日にASBJから公表された企業結合に関する会計基準の改正内容について確認します。主な改正内容は以下の三つです。少数株主持分の取扱い取得関連費用の取扱い暫定的な会計処理の確定の取扱い…

経営財務の3061号(2012年4月16日)に「少数株主との取引に関する取り扱いを検討」という記事が掲載されていました。記事を要約すると、1.ASBJは国際的な会計基準に合わせて少数株主持分を資本として取り扱うように変更する方向…

カテゴリー

最近の記事

  1. 2020年2月10日に法務省は、会社計算規則の一部改正案を公表しました。今回の改正案は、AS…
  2. "パワハラ対策義務化の確認(その1)"の続きです。今回は、”事業主が職場における優越的な関係…
  3. 経営財務3445号で2019年の監査人交代の集計結果がまとめられていました。経営財務誌の調査によると…
ページ上部へ戻る