閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  2. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  3. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  4. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  5. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  6. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  7. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  8. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  9. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  10. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:国債

インターネットでFinaicial Timesを見ていたら、1月11日に"Japanese debt appeals to foreigner"という記事が掲載されていました。同記事には、日本国債の外国人の保有率が8.2%と急激に増…

読売新聞(9月18)から以下のような記事が配信されていました。「五十嵐文彦財務副大臣は18日、テレビ朝日の番組に出演し、日本銀行が20日発表する6月末の統計で、国と地方自治体の借金の総額が、国内の個人の金融純資産額を初めて上回る可能…

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は5日、米国債の長期信用格付けを最高の「トリプルA」から1段階引き下げたと発表しました。リポートに盛り込まれた将来の米財政赤字額の予想に約2兆ドルの大きなズレがあったということで、…

2011年7月8日の日経Web版で「生保の運用資金、国債依存度41.3%に 5年連続で過去最高」という記事が目に入りました。同記事の冒頭を引用すると、「生命保険会社が資産運用での日本国債頼みを強めている。3月末の運用資産に占める…

カテゴリー

最近の記事

  1. 2022年1月から改正電子取引制度が適用されることにより、従来認められていた電子取引データの紙出力保…
  2. 経営財務3523号で2021年9月8日に東京証券取引所が公表した「会計基準選択に関する基本的な考え方…
  3. 本日NewsPicksのNewsLetterで「四半期決算を廃止しよう」というメールが配信されてきま…
ページ上部へ戻る