閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2020年のIPOは13年ぶりの高水準
  2. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  3. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  4. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  5. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  6. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  7. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  8. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  9. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
  10. スキャナ保存制度の抜本改革を確認(令和3年度税制改正大綱)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:国債

インターネットでFinaicial Timesを見ていたら、1月11日に"Japanese debt appeals to foreigner"という記事が掲載されていました。同記事には、日本国債の外国人の保有率が8.2%と急激に増…

読売新聞(9月18)から以下のような記事が配信されていました。「五十嵐文彦財務副大臣は18日、テレビ朝日の番組に出演し、日本銀行が20日発表する6月末の統計で、国と地方自治体の借金の総額が、国内の個人の金融純資産額を初めて上回る可能…

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は5日、米国債の長期信用格付けを最高の「トリプルA」から1段階引き下げたと発表しました。リポートに盛り込まれた将来の米財政赤字額の予想に約2兆ドルの大きなズレがあったということで、…

2011年7月8日の日経Web版で「生保の運用資金、国債依存度41.3%に 5年連続で過去最高」という記事が目に入りました。同記事の冒頭を引用すると、「生命保険会社が資産運用での日本国債頼みを強めている。3月末の運用資産に占める…

カテゴリー

最近の記事

  1. 昨年暮れに”2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり”で2020年のIPOの動向に…
  2. 2021年1月15日に国税庁から「在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQ(源泉所得関係)」が公表され…
  3. 2020年12月25日に日本公認会計士協会から「リモートワーク対応第2号」として「リモート棚卸立会の…
ページ上部へ戻る