閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2022年10月1日から5人以上の士業事務所も厚生年金の強制加入対象に…
  2. 会計監査人の異動は過去5年で最多の142件に-令和2年モニタリングレポ…
  3. コロナ関連のGC注記を5社が記載(経営財務誌調べ)
  4. グループ通算制度の概要(その1)-概要
  5. フリーランス等への立替経費の源泉ー直接払いと同視できれば問題ないと国税…
  6. 株主総会議長が拍手しない場合、賛成の議決権数への加算が一般的?
  7. 内部統制有効性評価で監査法人に損害賠償請求
  8. テレワーク長期化でも原則的な勤務地が会社なら通勤手当は非課税
  9. ”183日ルール”にコロナ禍の特別措置なし-免税対象外の場合遡りで源泉…
  10. 在宅勤務で開示書類を作成すると簡単な間違いにも気づきにくくなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:平成27年度税制改正大綱

先日”平成27年度税制改正大綱(その3)-受取配当等の益金不算入制度の見直し”で受取配当金の益金不算入割合の見直しについて触れましたが、従来であれば50%の益金不算入が認められていたものであっても改正後は20%しか益金不算入が認められなく可…

以前も一度取り上げていますが、平成27年度税制改正大綱(その3)として受取配当等の益金不算入制度の見直しについて確認します。この見直しは、法人税率引き下げの財源とするための課税ベースの拡大として見直されたものです。課税ベースの拡大で…

前回に引き続き平成27年度税制改正大綱についてです。今回は、課税ベースの拡大措置に位置づけられている繰越欠損金に関連する内容を取り上げます。まず、中小法人等については、現行措置が維持されるため、改正大綱どおりに改正されても特に問題は…

今回は先月閣議決定された平成27年度税制改正大綱のうち法人実効税率の引き下げについて確認していきます。法人実効税率の裏側では財源確保のため課税ベースの拡大があるので、法人実効税率の引き下げがよいことなのかは議論の分かれるところだと思…

カテゴリー

最近の記事

  1. 2020年5月29日に「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律案」が国会で成立し…
  2. 2020年7月14日に公認会計士・監査審査会から「令和2年版モニタリングレポート」が公表されました。…
  3. 三菱自動車、日産自動車、キヤノン、JAL、ANAなど2020年1Qの業績が大幅な赤字と連日報道されて…
ページ上部へ戻る