閉じる
閉じる
閉じる
  1. クラウド導入のカスタイズ費用の税務上の取扱い
  2. 初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱いが異…
  3. 海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?
  4. 帳簿等の不提示を貫き多額の追徴課税処分を受けた納税者が控訴
  5. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に
  6. いままで消費税申告延長が認められなかったのは何故?
  7. 株式上場(IPO)に係る監査事務所の選任に関する連絡協議会が設置された…
  8. 2019年IPO会社の監査報酬動向など
  9. 2019年経営税務誌が選ぶ5大ニュースとは
  10. 変形労働制の導入は不利益変更にあたる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:平成27年度税制改正大綱

先日”平成27年度税制改正大綱(その3)-受取配当等の益金不算入制度の見直し”で受取配当金の益金不算入割合の見直しについて触れましたが、従来であれば50%の益金不算入が認められていたものであっても改正後は20%しか益金不算入が認められなく可…

以前も一度取り上げていますが、平成27年度税制改正大綱(その3)として受取配当等の益金不算入制度の見直しについて確認します。この見直しは、法人税率引き下げの財源とするための課税ベースの拡大として見直されたものです。課税ベースの拡大で…

前回に引き続き平成27年度税制改正大綱についてです。今回は、課税ベースの拡大措置に位置づけられている繰越欠損金に関連する内容を取り上げます。まず、中小法人等については、現行措置が維持されるため、改正大綱どおりに改正されても特に問題は…

今回は先月閣議決定された平成27年度税制改正大綱のうち法人実効税率の引き下げについて確認していきます。法人実効税率の裏側では財源確保のため課税ベースの拡大があるので、法人実効税率の引き下げがよいことなのかは議論の分かれるところだと思…

カテゴリー

最近の記事

  1. 前回に引き続きクラウドに係る費用の取扱いについてです。令和2年度税制改正に受領者が自由にデータを改変…
  2. 以前”クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは?”で、クラウドサービス…
  3. 経営財務3439号の【海外会計トピック】に”2019年会計にまつわる事項トップ10、2020年のトッ…
ページ上部へ戻る