閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和2年改正で過大配当利用の節税封じ
  2. クラウド導入のカスタイズ費用の税務上の取扱い
  3. 初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱いが異…
  4. 海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?
  5. 帳簿等の不提示を貫き多額の追徴課税処分を受けた納税者が控訴
  6. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に
  7. いままで消費税申告延長が認められなかったのは何故?
  8. 株式上場(IPO)に係る監査事務所の選任に関する連絡協議会が設置された…
  9. 2019年IPO会社の監査報酬動向など
  10. 2019年経営税務誌が選ぶ5大ニュースとは
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:新株予約権

会社法の見直しを検討している法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会では、登記事項について、新株予約権と支店所在地の登記の見直しが検討されているとのことです(T&A master No.759)。新株予約権に関する登記については、現…

昨日取り上げた実務対応報告公開草案52号「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い(案)」に多数の反対コメントが寄せられたという件に関連して、週間東洋経済の2017年9月23日号に関連する記事が掲載されてい…

2017年5月10日にASBJから公表され、7月10日にパブリックコメントが締め切られていた実務対応報告公開草案52号「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い(案)」ですが、2017年8月25日に公表され…

T&A master No667で信託方式の有償ストック・オプションというものが登場しているという記事が掲載されていました。この記事では(株)IDOMが2016年10月13日に公表した「第三者割当による新株予約権の発行及び時価発行新…

今回は最近発行が増加している有償新株予約権についてです。有償新株予約権は、新株予約件の公正な評価額による払込金額を、役員や従業員が現金を払い込んで取得するものです。有償新株予約権は、役員や従業員等が実際に金銭を振り込むという…

ストック・オプションでは、権利行使条件として新株予約権者(従業員等)が会社を退職した場合には権利行使ができない旨が定められてることが多いと考えられます。この場合、従業員等が会社を退職した場合、その新株予約権はどうなるのか、登記との関…

有償新株予約権の発行を近頃よくみかけるように思っていましたが、経営財務3244号に「有償新株予約権の発行、3割長が「情報・通信」」という記事が掲載されていました。新株予約権の評価などでよく登場するプルータス・コンサルティングが調査し…

東京証券取引所は10月24日に新株予約権証券の上場制度の見直しに係る取引参加者規程等を一部改正しました。この改正によって、ノンコミットメント型ライツ・オファリングの上場については、既存の上場基準に加え、株主総会決議による株主の意思確…

カテゴリー

最近の記事

  1. T&A master No.817に「過大配当利用の節税封じに簿価の切下げ」という記事が掲載されてい…
  2. 前回に引き続きクラウドに係る費用の取扱いについてです。令和2年度税制改正に受領者が自由にデータを改変…
  3. 以前”クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは?”で、クラウドサービス…
ページ上部へ戻る