閉じる
閉じる
閉じる
  1. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  2. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  3. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  4. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  5. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  6. テレワーク導入費用の課税関係
  7. 法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続
  8. アズ企画設計が審査請求棄却を不服として東京地裁に更正処分取消を提訴
  9. GoToトラベル-地域共通クーポン利用も全額が課税仕入
  10. GoToトラベルの経理処理ー代金全額が課税仕入れ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:連結

前回のエントリのついでに、今回は為替換算調整勘定についてです。慣れていると当然出てくるものという感じですが、初めて連結を担当する方などは為替換算調整勘定の意味するところが理解しにくいようです。単に、在外子会社の財務諸表を円貨に換算す…

今回は一昨日の“在外子会社に対する外貨建貸付金から生じた為替差損益は消去する?”の補足です。上記のエントリでは在外子会社に対する「外貨建貸付金」でしたが、在外子会社からの「外貨建借入金」の期末換算により生じた為替差損益の場合はどうな…

連結財務諸表を作成する場合、内部取引から損益は発生しないのが原則です。したがって、例えば棚卸資産の売買から生じた未実現損益は連結調整仕訳として調整されることになります。今回は、親会社が在外子会社に対して貸付(外貨建)を行った場合、そ…

連結財務諸表を作成する場合、親会社と子会社との債権債務および内部取引は相殺消去しなければなりませんが、今回は在外子会社との債権債務および内部取引の相殺消去の際に換算差額が生じた場合にどう処理するのかについてです。何でそんなことをと思…

カテゴリー

最近の記事

  1. GoToトラベルを企業が出張で使用することができるの同じように、GoToEatキャンペーンについても…
  2. 税務通信3626号の税務の動向に「源泉徴収不要な交通費等の範囲をQ&Aで紹介②」という記事が掲載され…
  3. 福利厚生の一環としてカフェテリアプランが導入されている会社も比較的多くあると思います。カフェ…
ページ上部へ戻る