閉じる
閉じる
閉じる
  1. エフオーアイの粉飾決算をめぐる主幹事証券の責任ー最高裁で弁論が開催
  2. 近年の有報提出における添付漏れの傾向-経営財務誌調べ
  3. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  4. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  5. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  6. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  7. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  8. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  9. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  10. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

第1四半期のCF計算書の開示状況-開示をやめたのは3社

2012年8月29日に新日本監査法人から第1四半期のCF計算書の開示状況の調査結果が発表されました。

その調査結果によると、昨年の第1四半期にCF計算書を開示していた会社で今期から開示をやめた会社が3社、前期CF計算書を開示していない会社で今期から開示したを開始した会社が1社あったとのことです。

新日本監査法人の行った調査条件等は以下の通りです。

調査日:平成24年8月15日
調査対象会社:平成 24年4月2日現在 日経株価指数300のうち、以下の条件に該当する225社

・3月決算

・日本基準適用

・平成23年6月第1四半期も平成24年6月第1四半期もCF計算書を提出している
調査総数:225社

上記のとおり、開示状況は前期とほとんど変化ありませんが、開示していない会社が約75%、開示している会社が約25%となっており、非開示が主流となっています。

また、今期開示状況を変更した会社は以下の会社となっています。

平成24年6月第1四半期から四半期連結キャッシュフロー計算書の開示をやめた会社

1.三井化学(株)

2.新明和工業(株)

3.(株)三越伊勢丹ホールディングス

平成24年6月第1四半期から新たに四半期連結キャッシュフロー計算書の開示を始めた会社

1.国際石油開発帝石(株)

任意に開示していたものをやめるのは、なかなか勇気がいりますが、CF計算書の作成は情報の収集を含めて相当負担が大きいので、開示をやめたいという会社が出てくるのは当然といえます。もう少し、開示→非開示の会社がでてくるかなと思っていましたので、3社というのは少々意外です。敢えてCF計算書を開示することを選択した会社なので、CF計算書を作成することをそれほど負担に感じていないということなのかもしれません。

日々成長

関連記事

  1. リース資産の表示科目

  2. 衆議院予算委員会第一分科会で「監査固有の限界」の周知の必要性に言…

  3. 特別賞与支給の適時開示

  4. 物上保証を行っている場合のBS注記事例

  5. 誤謬による修正再表示の事例-2012年3月期 加賀電子

  6. 財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク(IFRS)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,396,984 アクセス

ページ上部へ戻る