閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ワンデーアキュビュートゥルーアイも随分安くなってますね

自分が使用しているクーパービジョン社のワンデーアクエアプロシーの値段をチェックしていたら、ジョンソン&ジョンソン社のワンデーアキュビュートゥルーアイが処方箋なしでもずいぶん安く買えるようになっていることに気づきました。

また、以前は度数が強いレンズは取扱いがないことが多かったのですが、現状では-9.0まで取扱いが拡大されています。以下のネットショップの場合、4箱購入から送料無料となって、4箱の場合1箱2160円、6箱の場合1箱2150円、8箱の場合1箱2140円となっています。

ちなみに、ワンデーアクエアプロシーは、以下のショップで1箱2080円(送料込で考えた場合。ただし、最低送料800円なので、3箱以上購入しないとこの価格にはなりません)となっており、複数箱購入による割引はとくにありません。ただ、2か月に1回くらいはセールで1箱1980円(稀に1880円)になります。通常の値段で考えると、ワンデーアクエア―プロシーとトゥルーアイの値段差はほとんどなくなってきたので、あと少し下がればトゥルーアイに切り替えるということも検討の余地がありそうです。

実際のところ、どちらが良いレンズなのでしょうか?両者のレンズについて触れているサイトによっては、トゥルーアイの方が優れていると記載されているものもあります。トゥルーアイも5日間くらいテストレンズで使用したことがありますが、確かによいレンズでした。ただ、ワンデーアクエア―プロシーを1年以上使用している感想としては、目の渇きが気にならないという点ではこのレンズに特に不満はなく、とてもよいレンズだと感じています。

また、プロシーが安く購入できるショップを探していたら、クオッタというショップを発見しました。このショップでは、90枚入りで5,290円となっており、すごく安い!!と思いましたが、送料が870円かかるので、それを考慮すると通常の1箱分が約2030円となり、若干安い程度となっています。また、お届け期間が2~3週間とLENSMODEと比べると商品が届くまで時間がかかるようです。

プロシーとトゥルーアイ、どちらがよいレンズなのかは、トゥルーアイをある程度の期間使用してみないと判断できませんので、次は2か月位トゥルーアイを使用してみようかなと考えています。

日々成長

関連記事

  1. 韓国哨戒艦沈没事件の真相?

  2. 海外で預金を引き出せる”Money T”…

  3. 非破壊スキャンが可能なScansnap SV600

  4. 本当なら腹立たしい記事(民主党へ)

  5. ANAカードで貯めたマイルをeクーポンへ

  6. ワンデープロクリア(日本名:ワンデーアクエアプロシー)が今なら1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,389,581 アクセス
ページ上部へ戻る