閉じる
閉じる
閉じる
  1. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  2. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  3. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  4. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  5. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  6. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  7. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  8. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  9. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  10. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

海外の監査水準の低下-PCAOBの調査結果

経営財務3079号に「【海外会計トッピク】Big4会計事務所のリストラ、監査の質低下?その他」という記事が掲載されていました。

同記事の前半では、Big4の会計事務所が、11,300人の事務所員の約3%にあたる300名を削減するという書き出しで始まり、M&AやIPOの減少、あるいは不景気による監査報酬の値下げにより経営が悪化しているということが書かれていますが、これは驚くほどのことではないと思います。

興味深いのは「監査の質の低下?」として記載されていた内容です。同記事ではニューヨークタイムズに掲載されていた”Bad Grades Are Rising for Auditors“という記事がベースとなっています。

上記の記事は、「監査の質が悪化しているのか、検査官の調査能力が高まったのか?」という書き出して始まっています。そして、PCAOB(公開企業会計監査委員会)から公表された仲介業者23社の調査結果によれば、どれ一つとして許容可能なものではなかったとされています。

上記の監査を行った法人名は公表されていないものの、大部分は小規模(very small)の会計事務所によるものであったとされています。

上記は小規模の会計事務所によるものですが、Big4についても監査の質は悪化しているという旨の記述が続きます。PCAOBの調査結果は2010年から公表されるようになりましたが、2010年の調査では6件に1件程度の割合で指摘すべき事項が発見されたが、2011年では3件に1件程度と倍増しているとされています。

製造業やソフトウェア産業であったならば、このような質の低さではユーゴ(質が低いと評判だったユーゴスラビアの自動車メーカー)のように市場から淘汰されてしまうだろうとされています。

そして、Big4で最も指摘事項が多かった(gotten the most negative review)のがデロイトだったそうです。ちなみに記事では”Deloite & Touche”となっていて、トーマツは出てきません。さらに、PCOABが会計事務所の品質管理にネガティブな結論を出した場合、1年以内に改善すればそれが公表されることはないそうですが、デロイトはそれに失敗して、大手事務所で唯一そのようなレビュー結果が公表された法人となってしまったとのことです。

1年内に改善できなかった意味がよくわかりませんが、1年では改善できないほどひどい状況であったということなのでしょうか?

さらにデロイトに不幸なことに、E&Yによるピアレビューの結果、いくつかの監査で十分な監査を行っておらず、デロイトはそれらの監査で追加作業が必要となっただけでなく、クライアントは財務諸表をリステートしなければならなかったそうです。

その結果、大手事務所では初めて”pass with deficiency”という評価を下されたそうです。日本語では何と訳せばよいのかよくわかりませんが、”限定付適正”位の位置付けでしょうか。この件についてデロイトのコメントが記載されていましたが、その最後の一文が”Audit quality has been and continues to be our No.1 priority.”という何ともむなしく思えるものでした。

最後にBig4に対する調査で、PCAOBにより問題が指摘された割合の推移が示されていたので紹介します。

デロイトとPWCがヤバい感じです。

日々成長

関連記事

  1. 単体のみの会社も表示上の重要性基準は簡素化は適用

  2. 会社法計算書類の経団連ひな形の改正

  3. オリンパス社の「のれん」の内訳が開示されました-金融機関向け説明…

  4. 自己株式の会計処理(その2)

  5. 2011年3月期から適用開始となる新基準一覧

  6. 法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準(案) が公表されまし…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,964,281 アクセス
ページ上部へ戻る