閉じる
閉じる
閉じる
  1. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  2. 内部統制報告制度強化等は先送り
  3. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  4. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  5. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  6. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  7. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  8. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  9. RSは退職給与として損金算入が認められない
  10. 育児・介護休業法改正-2022年4月施行
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

三菱商事が2014年3月期からIFRSを任意適用

2013年12月20日に三菱商事が、従来の米国会計基準に替えて、2014年3月の有価証券報告書からIFRSの任意適用を表明しました。なお、14年3月期の会社法に基づく連結計算書類及び決算短信については従来どおり米国基準ベースの数値が開示されるとのことです。

約1カ月位前に三井物産が14年3月期からIFRSの任意適用を表明したばかりですが、これで大手商社では住友商事、丸紅、三井物産、三菱商事がIFRSの任意適用を表明しています。

伊藤忠商事は?と思って調べてみたら、先月IFRSを任意適用することを表明してることに気付きました。単にフォローできていなかっただけでした。

”三井物産が2014年3月からIFRSを任意適用-これで25社目”というエントリで記載した25社に加えて、伊藤忠商事と三菱商事の2社が加わって、現時点でIFRSの任意適用(表明)会社は27社となっています。

大和証券グループがIFRSの任意適用を表明していますので、証券会社各社にどれだけIFRSの任意適用が広がっていくのかも気になります。また、今期中に銀行でもIFRSの任意適用会社がでてくるのかも気になります。

日々成長

関連記事

  1. IASBの教育文書「減価償却とIFRS」は定率法の採用に踏み切る…

  2. 中外製薬が2013年12月期よりIFRSの任意適用へ

  3. IFRSの任意適用で赤字から黒字へ-そーせいグループ

  4. IFRSの任意適用要件が大幅に緩和されました

  5. 「会計基準選択に関する基本的な考え方」の集計結果(東証)

  6. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,575,091 アクセス
ページ上部へ戻る