閉じる
閉じる
閉じる
  1. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  2. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  3. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  4. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  5. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  6. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  7. 株式交付(その3)-手続概要
  8. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  9. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  10. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

政府税制調査会-減価償却方法を定額法に一本化する方向で検討

経営財務3160号(2014年4月21日号)、T&A master No.543(2014年4月21日号)の双方で、4月14日に開催された政府税制調査会の内容が取り上げられていました。

経営財務は「減価償却方法は定額法一本化へ」という記事、T&A masterは「研究開発税制や定率法の見直しが浮上」という記事になっています。

やはり、気になるのは減価償却方法を定額法に一本化しようという内容です。

経営財務の伝えるところによれば税制調査会で取り上げられた論点は以下の三点とのことです。

  • 定率法と定額法はその時の損益状況に応じて節税を意図して選択されていることが少なくない。
  • 定率法の適用に特段要件が課されていないことから、非効率な投資も助長する結果となっているのではないか。
  • 上記のような点から定額法に一本化すべきではないか。

  • 一方、T&A masterでは「財務省は、定率法を見直し、定額法に統一することを提案した。この案に対して出席委員からは、IFRS(国際会計)が原則、固定資産の減価償却方法として定額法を採用していることなどを踏まえて、賛成する意見が相次いだ」とされています。

    経営財務でも「償却方法の定額法一本化に大方が同意の様子」と伝えられていることから、税法の基本的な方向性としては定額法へと流れていきそうです。

    減価償却方法の見直しの他、中小企業の軽減税率の適用基準が資本金であることにも問題があるとして、所得金額や純資産金額を適用基準とすべきというような意見もあったとのことです。そういった意味では、定率法も中小企業にのみ認められる方法というような位置付けに変化していく可能性はありそうです。

    賛成側からは「現在の低金利、資金余剰の環境下で定率法を認めることによる経営上のメリットはない」という意見もあったそうですが、物価上昇を掲げる政府のもとで「低金利」だからメリットがないというのは少し変な感じがします。

    国を維持する税収を確保する必要がありますが、必要な税収が国ごとに異なる中で法人税率を他の国に合わせて引き下げてみてもどこかで無理が生じるのではないかという気がしてなりません。法人税率を引き下げて、結果的に個人にメリットがあるのであれば歓迎ですが、法人に資金がプールされる一方で個人の可処分所得が減るようではやる気がそがれていきそうです。

    日々成長

    関連記事

    1. 所得金額1億円超の人数は5年で60%増加

    2. 2016年6月に日台租税条約が発効していました-繰延税金負債の計…

    3. マンション管理組合の駐車場貸出は収益事業?

    4. 出張手当と所得税・消費税の関係

    5. 従業員が不正に受領したリベートの帰属の帰属-平成24年2月29日…

    6. 平成27年度税制改正大綱(その1)-法人実効税率の引き下げ

    カテゴリー

    最近の記事

    ブログ統計情報

    • 11,485,832 アクセス
    ページ上部へ戻る