閉じる
閉じる
閉じる
  1. のれん償却を再導入せず:IASB予備的見解
  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例
  3. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  4. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  5. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  6. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  7. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  8. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  9. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  10. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成26年3月期の監査人交代は62社-クライアントを一番失ったのは?

平成26年3月決算会社において、監査人が交代になったのは62社となっています。ただし、このうち2社は会計監査人の辞任後、最終的に上場廃止となっています。

また、残り60社には、監査法人の合併による監査人の交代も含まれています。

具体的には、仰星監査法人(存続法人)と明和監査法人(消滅法人)の合併によるものが7社、大阪監査法人(存続法人。その後「ひびき監査法人」に名称変更)と新橋監査法人(消滅法人)及びペガサス監査法人(消滅法人)の合併によるものが5社含まれています。

その他の新規クライアント増加数、減少数、増加数-減少数をまとめると以下のようになっています。なお、合併によるものは存続法人にまとめています。

法人名 増加数 減少数 純増減
仰星 9 7 2
新日本 8 5 3
あずさ 6 12 △6
ASG 6 2 4
トーマツ 5 9 △4
あらた 5 0 5
ひびき 5 5 0
三優 3 1 2
優成 2 0 2
東陽 1 2 △1
個人 3 5 △2
清和 0 3 △3
聖橋 0 2 △2

上記の他、増加1社が東光、海南、千葉第一、アリア、グラヴィタス、かがやき、あすか、減少数1社が日本橋、至橋、養和、東海会計社、A&A、桜橋、大同となっています。

上記より、純減数でみると有限責任あずさ監査法人がクライアントを最も失ったという結果となっています。また、トーマツも純減4社で、新日本は純増3社という結果です。

増減数でみると「あらた監査法人」が増加5社(減少0)というのが目につきます。また、ASGも4社純増と数を伸ばしています。興味深いのは、あらた監査法人の前任監査人はトーマツが2社となっているものの、その他はあずさ、清和、個人1社ずつとなっているのに対して、ASG増加6社のうち4社があずさ、残りが聖橋、桜橋1社ずつと、あずさ→ASGという流れが目立つことです。

なお、太陽ASG監査法人は、2014年10月1日に「太陽監査法人」に法人名を変更したようです。なんとなく言いにくい感じがしますが、そのうち慣れるのでしょうか・・・

最後に、監査法人交代の理由については、大部分が「任期満了」となっています。また、監査人の交代に際して意見表明がなされているケースはありませんでした。

日々成長

関連記事

  1. 3月決算の単体計算書類で「企業結合に関する会計基準」の適用開始に…

  2. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その2)…

  3. 遡及修正の原則的取扱いが実務上不可能な開示例ー平成24年3月期い…

  4. 単体開示の簡素化-早ければ平成26年3月期より

  5. 監査報告書原本の写しが添付されるようになると面白いかも

  6. 四半期報告書と決算短信を一本化?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,566,498 アクセス
ページ上部へ戻る