閉じる
閉じる
閉じる
  1. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  2. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  3. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  4. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  5. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  6. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  7. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  8. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  9. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
  10. コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

償却資産の美術品-平成28年度申告でも延滞金は徴収されないそうです

一定の美術品を償却資産として取り扱えることとなったことに対応して、平成27年度の償却資産税の申告でどう取り扱うべきなのかが明らかになったのが申告期限直前だったこともあり、適切に申告できなかったケースも考えられます。

この点に関連して、T&A MasterのNo582に「償却資産の美術品に係る固定資産税は?」という記事が掲載されていました。

今回の改正により、12月決算法人以外で平成27年1月1日現在、償却が認められることとなった美術品を減価償却資産とするか否か未定であったことにより、平成27年度の申告をしなかった場合であっても、適用初年度から減価償却資産に該当するものとしていれば、当該美術品等は平成27年度から課税されることとなります。

これは以前も書いた内容で、この場合、平成27年度の修正申告を提出するしかないのだろうと考えていましたが「この場合には、平成28年度に申告するか、又は平成27年度修正申告書を提出することになる。平成28年度に申告した場合には、平成27年度に遡及して課税されることになるため、えんたいきんは徴収されないとしている」とのことです。

3月決算会社では、そんなに急いで対応しなくても、特に影響はなかったということのようです・・・

日々成長

関連記事

  1. 出張手当と所得税・消費税の関係

  2. 耐用年数の短縮特例の通達が改正・新設されました

  3. 消費税(その6)-個別対応方式の用途区分4

  4. 貸倒引当金制度の原則廃止-平成23年税制改正

  5. 「適用額明細書」って何?-平成23年4月1日以後終了事業年度から…

  6. 過年度遡及修正会計基準による修正と税法の「確定した決算」の関係

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,709,160 アクセス
ページ上部へ戻る