閉じる
閉じる
閉じる
  1. YouTuberへのロイヤルティに係る源泉徴収は外税控除不可
  2. 監査工数の増加等を理由に監査人交代で大手が後任に
  3. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  4. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  5. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  6. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  7. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  8. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  9. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  10. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

償却資産の美術品-平成28年度申告でも延滞金は徴収されないそうです

一定の美術品を償却資産として取り扱えることとなったことに対応して、平成27年度の償却資産税の申告でどう取り扱うべきなのかが明らかになったのが申告期限直前だったこともあり、適切に申告できなかったケースも考えられます。

この点に関連して、T&A MasterのNo582に「償却資産の美術品に係る固定資産税は?」という記事が掲載されていました。

今回の改正により、12月決算法人以外で平成27年1月1日現在、償却が認められることとなった美術品を減価償却資産とするか否か未定であったことにより、平成27年度の申告をしなかった場合であっても、適用初年度から減価償却資産に該当するものとしていれば、当該美術品等は平成27年度から課税されることとなります。

これは以前も書いた内容で、この場合、平成27年度の修正申告を提出するしかないのだろうと考えていましたが「この場合には、平成28年度に申告するか、又は平成27年度修正申告書を提出することになる。平成28年度に申告した場合には、平成27年度に遡及して課税されることになるため、えんたいきんは徴収されないとしている」とのことです。

3月決算会社では、そんなに急いで対応しなくても、特に影響はなかったということのようです・・・

日々成長

関連記事

  1. 法人税個別通達を踏まえたリバースチャージ方式の仕訳方法

  2. 「調査」と「行政指導」の違いは?

  3. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税

  4. 国外財産調書と国外財産調書、両調書提出義務ある場合は国外財が産特…

  5. 復興特別法人税が実効税率に与える影響-早ければ3Qから

  6. 海外への出向者(非居住者)が日本に出張した場合の留守宅手当と源泉…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,172,714 アクセス
ページ上部へ戻る