閉じる
閉じる
閉じる
  1. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  2. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  3. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  4. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  5. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  6. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  7. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  8. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  9. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  10. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

非支配目的株式等を買増しい継続保有要件の壁

先日”平成27年度税制改正大綱(その3)-受取配当等の益金不算入制度の見直し”で受取配当金の益金不算入割合の見直しについて触れましたが、従来であれば50%の益金不算入が認められていたものであっても改正後は20%しか益金不算入が認められなく可能性があります。

株式保有割合が5%以下だと20%しか益金不算入が認められないので、5%に近い割合を保有しているのであれば5%超に保有割合を引き上げて50%の益金不算入としようとするのは多くの人が考えると思います。

しかしながら、T&A master No.584の「非支配目的株式等の買増し、時既に遅し」という記事では、同誌の取材によると「政令には現行の関係法人株式等と同じく「配当等の額の支払に係る効力が生ずる日以前6ヶ月以上引き続き有している」との要件が入る模様だ」とのことです。

関係会社株式等については、保有割合が3分の1超に変更された後も、株式等を「配当等の額の支払に係る効力が生ずる日以前6月以上引き続き有している」ことが求められています。結果的には同様の保有要件が求められることとなるようです。

なお、「「配当等の額の支払に係る効力が生ずる日」は、一般的には株主総会の翌日を意味します。そのため、3月決算会社で6月に株主総会が開催されるとすると、6ヶ月保有要件を満たすためには、昨年に買増しをしておかなければならないということになり、3月決算対策としては今からどうすることもできないということのようです。

そうはいっても、非支配目的株式等の場合は、買増しをしない限り20%益金不算入となってしまいますので、「その他の株式等」とすることが可能であるのであれば、買増しすることも検討する余地があるという結論には変わりはありません。

急ぐ意味はなさそうですので、タイミングを見てじっくり検討した方がよさそうです。

日々成長

関連記事

  1. 平成24年税制改正による退職所得課税の見直し

  2. グループ法人税(その3)-譲渡損益調整資産とは?

  3. 平成25年度税制改正による住民税利子割の廃止-平成28年1月1日…

  4. 事業年度をまたいで事前届出金額と異なる金額で役員報酬を支給した場…

  5. 税制改正による定額法への変更で混乱が生じる可能性が大?

  6. 復興特別所得税-税理士等報酬の課税時期の判断は原則として役務提供…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,420,418 アクセス
ページ上部へ戻る