閉じる
閉じる
閉じる
  1. 総額表示義務特例が今年度末で期限切れ
  2. 感染対策徹底で10月以降税務調査が本格化?
  3. 「取締役の報酬等として株式を無償交付する取引に関する取扱い(案)」が公…
  4. 東証1部上場会社、指名委員会設置が5割超へ
  5. 在宅勤務手当等の支給増で所得拡大促進税制適用可となる可能性?
  6. ADワークス社-マンション販売仕入税額控除否認問題で勝訴
  7. 2020年年末調整に関係する改正事項
  8. あずさ監査法人でCPE取得に際し不正が判明したそうです
  9. 帳簿等の提示を拒み消費税約38億円の追徴事案が最高裁へ
  10. 収益認識会計基準-表示・注記事項の改正確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年2月決算会社は7年連続GC注記が2社

平成27年2月決算の上場企業のうち継続企業の前提に関する注記が付されたのは3社であったようです。

ただし、このうち東証1部上場のランド(不動産)と東証2部上場の原弘産(不動産)については7期連続で継続企業の前提に関する注記が付されています。いずれも会計監査を担当するのは監査法人元和です。

継続企業の前提に関する注記は、導入当初注記が濫発したことを受けて、その後改正がなされたという経緯があります。改正当時、継続企業の前提に関する注記が付くのは、本当にやばい感じですねというようなことを会社の方と話したことが思い出されますが、実際には上記の例のように長期に渡って継続企業の前提に関する注記が付されているケースがちらほら存在します。

例えば、5月決算のエル・シー・エーホールディングス(サービス:東証2部)では平成26年5月決算で9期連続、9月決算のKIホールディングス(電気機器:東証2部)は平成26年9月決算で5期連続、11月決算のT&Cホールディングス(情報通信業:JASDAQ)では平成26年11月決算で5期連続、1月決算のクリムゾン(卸売:JASDAQ)では平成27年1月決算で5期連続、で継続企業の前提に関する注記が付されています。

3月決算会社では、ジェイ・エスコムホールディングス株式会社が平成27年3月期で10期連続して継続企業の前提に関する注記が付されています。

ここまでくると、記載内容がなんであれ「継続企業の前提に関する注記」が強調事項として意味をもっているのだろうかという疑問も生じます。

投資家サイドの感覚からすれば、継続企業の前提に関する注記が付された状況が3年も継続すれば、ほぼ会社が存続できないというレベルのものでないとあまり意味がないように感じます。

免責情報的に長期に渡って注記が付されてしまっては意味がないので、5年連続で継続企業の前提に関する注記が付されたら上場廃止というような基準があってもよいのではないかという気もします。

日々成長

関連記事

  1. 単体開示の簡素化-早ければ平成26年3月期より

  2. 短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつ…

  3. 上場直後の食中毒発生は運が悪い?-鳥貴族

  4. 会計基準選択の採用理由までの記載は不要なようです

  5. 平成29年中の会計監査人の交代は118社

  6. 時価の算定に関する会計基準(その1)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,148,938 アクセス

ページ上部へ戻る