閉じる
閉じる
閉じる
  1. 重要な会計上の見積り開示項目-連結では平均1.7個
  2. 内部統制報告制度強化等は先送り
  3. 自宅兼事務所に必要経費、合理的であれば在宅勤務FAQの方法も可
  4. 電子取引データ保存、紙でも受領する場合の取扱いが明確に
  5. 「四半期開示」はどこに落ち着く?
  6. 電子取引データ保存・・・メールデータは範囲検索できなくてもよいらしい
  7. 株主総会資料の電子提供制度に対応する定款変更はいつ実施?
  8. インボイス制度導入により売手負担の振込手数料処理が煩雑になるらしい
  9. RSは退職給与として損金算入が認められない
  10. 育児・介護休業法改正-2022年4月施行
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年2月決算会社は7年連続GC注記が2社

平成27年2月決算の上場企業のうち継続企業の前提に関する注記が付されたのは3社であったようです。

ただし、このうち東証1部上場のランド(不動産)と東証2部上場の原弘産(不動産)については7期連続で継続企業の前提に関する注記が付されています。いずれも会計監査を担当するのは監査法人元和です。

継続企業の前提に関する注記は、導入当初注記が濫発したことを受けて、その後改正がなされたという経緯があります。改正当時、継続企業の前提に関する注記が付くのは、本当にやばい感じですねというようなことを会社の方と話したことが思い出されますが、実際には上記の例のように長期に渡って継続企業の前提に関する注記が付されているケースがちらほら存在します。

例えば、5月決算のエル・シー・エーホールディングス(サービス:東証2部)では平成26年5月決算で9期連続、9月決算のKIホールディングス(電気機器:東証2部)は平成26年9月決算で5期連続、11月決算のT&Cホールディングス(情報通信業:JASDAQ)では平成26年11月決算で5期連続、1月決算のクリムゾン(卸売:JASDAQ)では平成27年1月決算で5期連続、で継続企業の前提に関する注記が付されています。

3月決算会社では、ジェイ・エスコムホールディングス株式会社が平成27年3月期で10期連続して継続企業の前提に関する注記が付されています。

ここまでくると、記載内容がなんであれ「継続企業の前提に関する注記」が強調事項として意味をもっているのだろうかという疑問も生じます。

投資家サイドの感覚からすれば、継続企業の前提に関する注記が付された状況が3年も継続すれば、ほぼ会社が存続できないというレベルのものでないとあまり意味がないように感じます。

免責情報的に長期に渡って注記が付されてしまっては意味がないので、5年連続で継続企業の前提に関する注記が付されたら上場廃止というような基準があってもよいのではないかという気もします。

日々成長

関連記事

  1. コロナ関連の追加情報-重要な変更なくても、その旨を四半期報告書で…

  2. サマリー情報のみ先行開示した初の事例はLINE

  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報…

  4. 2019年監査人の交代が4年連続で増加

  5. 前受金は金融商品の時価開示の対象か?

  6. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきて…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,575,090 アクセス
ページ上部へ戻る