閉じる
閉じる
閉じる
  1. キャッシュレスポイント還元事業で国に賠償命令が下されたそうです
  2. 株式交付(その4)-株式交付計画の記載事項
  3. 短期退職手当等Q&Aでポイントを確認
  4. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  5. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  6. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  7. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  8. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  9. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  10. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

上場会社の1/3が招集通知発送前のWEB開示を実施

2016年2月2日に開催された経済産業省の「株主総会プロセスの電子化促進等に関する研究会」の会合において、平成27年6月に株主総会開催の東証上場2,352社を調査した調査結果が明らかにされたとのことです(経営財務3248号)。

その調査結果によれば、招集通知情報を招集通知の発送前にWeb上で開示した会社は全体の1/3で、招集通知発送日の平均2.7営業日前に開示されています。

平均は2.7営業日前ですが、日数別にみると1営業日前が全体の36.5%で最も多く、1~5営業日前に開示した会社が全体の94%を占めています。

発送前Web開示実施会社の割合と平成26年と平成27年で比較すると、平成26年が3.9%に過ぎなかったのに対して、平成27年は32.7%とおよそ全体の1/3にまで大きく増加しています。27年において発送前Web開示を実施しなかった会社においても、約6割が「28年は発送前Web開示に取り組む」姿勢を示しているとのことです。

上記のような状況を勘案すると、今後は発送前Web開示を検討せざるを得ないということのようです。

とはいえ、現状で最も多いとされる1営業日のWEB開示ということであれば、印刷にかける時期を勘案すると、ほぼ問題なく実施可能ではないかと思います。

CGコード的にはそんなことではいけないのだと思いますが、実務上はとりあえず1営業日前からはじめてみるということになりそうです。

日々成長

関連記事

  1. 株式保有の状況(コーポレートガバナンスの状況)の開示

  2. 売上と売上原価の2000万円の入り繰りで課徴金約1億円?-日本ア…

  3. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多

  4. ソニーがサイバー攻撃を原因として第3四半期報告書提出期限を延長

  5. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?

  6. 平成30年3月期の有価証券報告書作成に係る主な改正点(その2)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,510,477 アクセス
ページ上部へ戻る