閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国を跨ぐリモートワークの給与課税等取扱いの整理
  2. 株式の非上場化・非公開化をめぐる裁判ー株主の請求を棄却
  3. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなしー「監…
  4. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  5. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  6. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  7. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  8. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  9. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  10. テレワーク導入費用の課税関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

上場会社の1/3が招集通知発送前のWEB開示を実施

2016年2月2日に開催された経済産業省の「株主総会プロセスの電子化促進等に関する研究会」の会合において、平成27年6月に株主総会開催の東証上場2,352社を調査した調査結果が明らかにされたとのことです(経営財務3248号)。

その調査結果によれば、招集通知情報を招集通知の発送前にWeb上で開示した会社は全体の1/3で、招集通知発送日の平均2.7営業日前に開示されています。

平均は2.7営業日前ですが、日数別にみると1営業日前が全体の36.5%で最も多く、1~5営業日前に開示した会社が全体の94%を占めています。

発送前Web開示実施会社の割合と平成26年と平成27年で比較すると、平成26年が3.9%に過ぎなかったのに対して、平成27年は32.7%とおよそ全体の1/3にまで大きく増加しています。27年において発送前Web開示を実施しなかった会社においても、約6割が「28年は発送前Web開示に取り組む」姿勢を示しているとのことです。

上記のような状況を勘案すると、今後は発送前Web開示を検討せざるを得ないということのようです。

とはいえ、現状で最も多いとされる1営業日のWEB開示ということであれば、印刷にかける時期を勘案すると、ほぼ問題なく実施可能ではないかと思います。

CGコード的にはそんなことではいけないのだと思いますが、実務上はとりあえず1営業日前からはじめてみるということになりそうです。

日々成長

関連記事

  1. 「包括利益の表示に関する会計基準」改正の公開草案が公表されました…

  2. 2018年度不適切な適時開示件数は例年並み

  3. 平成27年3月期有報から役員の男女比率の記載が必要になるようです…

  4. 粉飾決算をめぐり監査法人に約6億円の損害賠償-プロデュース社事件…

  5. 株式上場を行使条件とするストックオプションと対象勤務期間の注記の…

  6. 四半期報告書の提出期限の延長を申請していたメタップスが四半期報告…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,269,540 アクセス

ページ上部へ戻る