閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一部を店内飲食する場合の軽減税率
  2. 適時開示ガイドブック改正後の「公認会計士等の異動に関するお知らせ」事例…
  3. 会計帳簿閲覧権の対象となる会計帳簿はどこまで?
  4. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その2)
  5. 有報の所有者別状況に記載する株主数は?
  6. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その1)
  7. CG報告書で資本コストの率を明記している事例
  8. アンテナ設置収入は収益事業に該当-東京高裁判決
  9. 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の支払調書が送付されてこないと…
  10. 金商法監査-売上高区分1兆円以上の最低監査報酬は12,180千円?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

上場会社の1/3が招集通知発送前のWEB開示を実施

2016年2月2日に開催された経済産業省の「株主総会プロセスの電子化促進等に関する研究会」の会合において、平成27年6月に株主総会開催の東証上場2,352社を調査した調査結果が明らかにされたとのことです(経営財務3248号)。

その調査結果によれば、招集通知情報を招集通知の発送前にWeb上で開示した会社は全体の1/3で、招集通知発送日の平均2.7営業日前に開示されています。

平均は2.7営業日前ですが、日数別にみると1営業日前が全体の36.5%で最も多く、1~5営業日前に開示した会社が全体の94%を占めています。

発送前Web開示実施会社の割合と平成26年と平成27年で比較すると、平成26年が3.9%に過ぎなかったのに対して、平成27年は32.7%とおよそ全体の1/3にまで大きく増加しています。27年において発送前Web開示を実施しなかった会社においても、約6割が「28年は発送前Web開示に取り組む」姿勢を示しているとのことです。

上記のような状況を勘案すると、今後は発送前Web開示を検討せざるを得ないということのようです。

とはいえ、現状で最も多いとされる1営業日のWEB開示ということであれば、印刷にかける時期を勘案すると、ほぼ問題なく実施可能ではないかと思います。

CGコード的にはそんなことではいけないのだと思いますが、実務上はとりあえず1営業日前からはじめてみるということになりそうです。

日々成長

関連記事

  1. 災害損失引当金の戻入益の表示区分は?-営業外or特別利益

  2. 遡及修正の累積的影響額を算定することが実務上不可能とした事例

  3. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最…

  4. ソニーがサイバー攻撃を原因として第3四半期報告書提出期限を延長

  5. コーポレートガバナンスコードとは?-(その1)

  6. 平成26年中の上場会社における会計監査人の異動は80社

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,412,024 アクセス
ページ上部へ戻る