閉じる
閉じる
閉じる
  1. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  2. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  3. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  4. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  5. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  6. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  7. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  8. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  9. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  10. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ホテル代の高騰に対する企業の対応状況ー労政時報調べ

訪日外国人が増加した影響でホテル代が高騰しています。観光やお偉いさんが利用するような高価なホテルであればまだしも、サラリーマンが出張時に利用するようなビジネスも価格が高騰していたり満室であることが多くなっています。

上司から宿泊の手配を依頼されて、困った経験をもつ担当者も増えてきているのではないかと思いますが、労政時報3905号に同誌が実施した「国内出張時の宿泊料に関するアンケート」の結果が掲載されていました。

有効回答数は322社ですが、このうち82%が、最近のホテル代の高騰を認識していると回答しています。なお、ホテル代の高騰を認識しているという回答は規模が大きいほど多く1000人以上の規模では86.5%と高くなっている一方で、ホテル代の高騰等を特に感じていいないは300人未満の規模で多く20.3%となっているというのは興味深いところです。

実際のところはどうかですが、一般社団法人全日本シティホテル連盟の公表しているデータによると、関東地方における1人室バス付きの客室料金は2014年が7,574円に対し2015年は9,254円と約22%上昇しています。近畿は2014年6,031円、2015年6,394円と若干の増加となっている一方で、中部は2014年が5,471円に対して2015年が7,558円と38%増加となっています。

中部地方の上昇率ですが、静岡空港が中国からのインバウンドで復活したということもあり、宿泊代金も高騰しているということだと考えられます。

国内出張時の宿泊料等は役職により金額に違いがあると回答した企業が全体の約64%で、地域差なしの場合の平均値でみると一般社員が9,284円、課長クラスで10,092円となっています。

では、所定の宿泊料で賄えなかった場合どうするかですが、この場合は「やむを得ない場合は、超過額を実費補償している」が73.8%で主流となっているとのことです。出張は、業務命令でいくものですので「やむを得ない」のであれば、労働者からすれば当然の対応というところですが、一方で「規定額を超過しても、特に補償はしない」という会社も22.9%あるとのことです。
もっとも実費にかかわらず定額が支給されるというような運用であれば、超過した場合にも補償はしないという運用も設定されている基準金額が妥当であれば考えられます。

次に、宿泊料金の高騰を受けて、宿泊料の見直しを検討しているかについては、「ホテル代は高騰しているが、宿泊料は見直さない」としている回答が全体の約47%で、見直し予定または検討しているが約29%となっています。
中国の景気も怪しいので、現在のような状況が継続するかは不透明なのでしばらくは超過分は実費補償するものとして運用しておこうということなのかもしれません。

最後に、ホテル代の高騰を受けて宿泊料の見直し以外に何らかの対策を取っていると回答した企業が約43%で、対策の内容としては、テレビ・インターネット会議を活用するという回答が約64%(複数回答あり)と最も多く、これにインターネットサイトの利用などにより宿泊先を確保するが約59%となっています。

インターネットサイトの利用などにより宿泊先を確保するというのは、いままでやっていなかったのかというのが驚きですが、インターネットを利用した会議は比較的安価に利用できるようになっていますので、今後更に利用がすすんでいくのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 採用後の提出書類の提出期限は「入社後2週間以内」でいいのか?

  2. 2015年度の初任給水準調査-労務行政研究所調べ

  3. 働きやすい会社ランキング2012(日経新聞社)-追記1(上位10…

  4. 会社が認めていない定期代が安価になるルートでの通勤途上で負債した…

  5. 小規模企業共済制度の改正

  6. 月80時間の基本給組み込み型の固定残業代が有効と判断された事案

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,419,876 アクセス
ページ上部へ戻る