閉じる
閉じる
閉じる
  1. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  2. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  3. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  4. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  5. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  6. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  7. 株式交付(その3)-手続概要
  8. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  9. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  10. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

事業所税の確認(その4)-従業者割

事業所税の確認(その3)-資産割”の続きで、今回は事業所税の従業者割について確認します。

納税義務と免税点

原則として、指定都市等において事業を行う法人で事業年度末日において指定都市等に事業所を有するものは、事情諸税の従業者割を納税する義務があります。

ただし、従業者割には資産割同様、免税点が設けられており、指定都市等における従業者の数が100人以下の場合には従業者割は課税されないとされています。

つまり、指定都市等で、従業者の数が100人を超える場合には従業者割を納税する必要が生じます。

免税点の判定

免税点の判定(従業者数が100人以下かどうか)は事業年度末日の現況において行うとされていますが、授業年度中に従業者数に著しい変動があった場合には、以下の計算式で計算される従業者数により判定を行うこととなります。なお、従業者数に著しい変動があった場合とは、事業年度(算定期間)中の各月末における従業者数のうち、最大であるものの数値が最小であるものの数値の2倍を超える場合を意味します。

3月決算会社を前提とすると、4月の従業者数が50名、翌年3月の従業者数が105名というようなケースです。この場合には、以下の算式で従業者数を計算することができます。

従業者数=事業年度の各月末における従業者数÷事業年度の月数

3月に従業者数が増加して100名を超えたような場合、不公平に感じ上記の算式を思い出すことがあるかもしれませんが、上記の算式を適用できるのは事業年度中に著しく従業者数が変動した場合のみであるという点に注意が必要です。

なお、従業者数が著しく変動した場合なので、従業員数が著しく減少した場合も、上記の計算式により計算した結果、従業者数が免税点を超えるということも考えられるので注意が必要です。

また、みなし共同事業に該当する場合は、特殊関係者の行う事業の従業者数と合計して免税点の判定を行う必要があるという点にも注意が必要です。

従業者数とは?

従業者数には役員も含まれますが、細かな範囲については、各指定都市等が公表している手引きを参照して判断することとなります。東京都主税局・都税事務所が公表している「事業所税の手引き」には、「一般の従業者のほか役員、臨時従業者、出向者等も含まれます」としたうえで、特殊な勤務形態の従業者についての取扱いとして以下の表が掲載されています。

jyuugyoushawari2

免税点の判定時にカウントするかどうかと、給与等を課税標準に含めるかどうかはかならずしも同じ取扱いとなっていないので注意が必要です。

固定ページ:

1

2

関連記事

  1. 領収書のない交際費はどう取り扱うべき?

  2. 印紙税の非課税文書の範囲が拡大―平成25年度税制改正

  3. 福祉車両の消費税を利用した租税回避行為が横行しているそうです。

  4. 税務調査において電子メールの開示は拒否できるのか?

  5. 初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱…

  6. 節税保険対応の通達改正案が公表

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,485,833 アクセス
ページ上部へ戻る