閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー

税務通信3474号の税務の動向に”ビットコインの利益は「雑所得」に該当”という記事が掲載されていました。国税庁のタックスアンサーにNo.1524「ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係」が追加されたことを受けたものです。

ほんの数行のものですが、以下のように記載されています。

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係
ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。
(所法27、35、36)

仮想通貨も当初は物扱いで消費税の課税対象となるとされていので、譲渡所得もあり得るかというところでしたが、この点については上記記事において「“譲渡所得に該当する余地もあるのでは”、とみる向きもあったようだが、原則は雑所得に当たると判断した。」とされています。

上記のタックスアンサーの記載は「ビットコインを使用することで生じた利益」と、なんとなく不思議な記載となっていますが、これが意味するところは「売買によりビットコインを日本円等に換金した場合だけでなく、ビットコインで資産を購入(交換)、別の仮想通貨とのトレード、ビットコインの採掘、それぞれが該当」し、「いずれも値上がり益等に課税される。」ということを意味しているとのことです。

事業所得に該当するケースもあるという前提になっていますが、具体例として上記税務通信の記事では「“事業として継続的にビットコインの取引を繰り返す”、“事業者が事業用資産をビットコインで購入”、“採掘でビットコインを取得”(ビットコインの採掘で利益を得るには,現状では,相当の資本を投下しコンピュータや電力を使うことなどから事業に当たることが考えられるという)」などが例としてあげられています。

税務当局が捕捉できるのかはよくわかりませんが、投機目的で結構な利益をあげている方もいるようなので、課税対象とは知りませんでしたというようなことがないように注意が必要です。なお、総合課税の雑所得に区分されるため、ビットコイン同士の損益や公的年金等といった同じ総合課税の雑所得内での内部通算は可能ですが、申告分離課税となるFX(外国為替証拠金取引)や株式等との損益通算はできないという点も注意が必要です。

関連記事

  1. 平成29年度税制改正における配偶者控除等の見直し

  2. ハズレ馬券訴訟が各地で起こっているらしい

  3. 社員食堂の食事代で経済的利益認定-契約方法等に要注意!

  4. 海外勤務から帰国した従業員に対する給与の源泉徴収

  5. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が…

  6. 実費請求の交通費に対する源泉漏れで追徴?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,384 アクセス
ページ上部へ戻る